昔の自分と今の自分は比較できないのだから堂々と生きればいい

諏訪湖近くの公園で朝を迎えた。

昨日は、岐阜の中津川を離れ、長野の諏訪まで丸一日かけて移動した。

 

この2日間、家に泊めさせてもらった男性から、手作りの料理をたらふく食わせてもらった。

人に渡されたモノを食べると、涙腺が弱くなる。

「自分は生きてるんじゃなくて、生かされてるんだ」って、傲慢さが少し溶ける。

 

夜の9時にはテントを設置し、カエルの鳴き声が響く闇のなかで静かな時間を過ごした。

別れの後の「寂しさ」には、「儚さ」が混じり合う。

ボクはこの種の、余韻がたまらなく好きだ。

 

こうして人をめぐっていると、みな例外なく「今の自分」を必死で生きていることを知る。

その度に、「生きているのは自分だけじゃないんだ」って心強くなる。

 

過去には色んな自分がいる。

  • いじめを受けていた自分
  • パートナーとうまくいかなくなった自分
  • 過ちを犯してしまった自分
  • 誰かを傷つけ、傷つけられた自分
  • 傲慢だった自分

 

最近思うのは、

過去にどんな自分がいようと、存在するのは「今の自分」だけであり、

「今の自分」こそが尊い自分なのだ、ということ。

 

よく「他人と比較するな。過去の自分と比較しろ」という。

違う、「今の自分は比較できない。比べられない類の存在なのだ」と思う。

 

必死に生きていない人なんていない。

昔と比べて、落ちぶれているように見えても、痛みを感じながら、ちゃんと前に進んでいる。

 

だから、昔の自分が嫌だとか、今の自分が嫌だとか言う必要なんてない。

今の自分を、堂々と生きようじゃないか。

 

 

1 昔の自分も今の自分も弱いと知る

人をめぐる旅(岐阜県中津川)

昔の自分も今の自分も、一貫して「弱い」、

「強い」とうぬぼれた瞬間、生きづらくなる。

 

最近、ボクは自分を見て「弱くなったな」と感じることが多い。

かといって、「昔は強かったのか?」と言われると、それもまた違う。

 

考えを巡らせていたら、

「ああ、気づいていなかっただけで、自分はずっと『弱い存在』だったんだ」

と気づいた。

 

先の見えない未来が怖いし、一人が寂しいし、やる気が出なくて、怠けてしまうこともある。

けれど、これが人間として生きる以上、背負い続ける「弱さ」かもしれないと。

人が強くなったと思うのは錯覚であって、実は「すごく弱い」から、「ちょっぴり弱い」になっただけなんじゃないかと。

 

「昔の自分が強かった」と思えば、今の自分は劣等感に苛まれる

「今の自分は強い」と思えば、昔の自分に劣等感を抱えるようになる

 

「自分は強い」と傲慢であるかぎり、しがらみも抱え続ける。

「自分は弱い」と言うことは、決して恥ずかしいことじゃないんだ。

 

2 昔の自分と今の自分は、対等でいられているか

人をめぐる旅(岐阜県中津川市)

「昔の自分」と「今の自分」は対等でいられているか。

昔の自分は今の自分をどう思うか。

 

原付で移動をしながら、ふと思った。

今の自分は、昔の自分をあーだこーだ一方的に、好きに語るけれど、それはフェアじゃないよなって。

 

「昔の自分は今の自分をどう思っているのだろう」って。

 

先の記事にも書いたのだけれど、人は誰かと対等な関係を築くから輝き出すと思っている。

己を弱いと認められるから、初めて他人と手を取り合えるのだって。

 

これは、「昔の自分」に対しても同じだと思う。

昔の自分に対しても対等に接することが、美しい関係だろうって。

 

それで、「小学生の自分」「中学生の自分」「高校生の自分」に思いっきり語らせてみることにした。

今の定職に就かず旅をしている自分を見て、なんて言うか。

 

よくわからず、キャンキャン言っている小学生の自分。

「おもれぇじゃん」っていう中学生の自分。

「ざまぁーねぇな(笑)」と鼻で笑う高校生の自分。

 

なんだか嬉しかった。

昔の自分の声を聴くことは正直怖かった。「仕事しろ!」と言われるような気がしていた。

 

けれど、これで何か隠し事が消えて、堂々と生きられるような気がする。

「お前ら見とけよ!」と昔の自分のためにも生きられるような気がする。

 

昔の自分と今の自分は、見下すような上下関係にあるのではなくて、身近に支えあえる対等な関係だ。

昔の自分と今の自分、色んな葛藤もあるけれど、葛藤を味わいながら生きたいと願う。

 

 

3 昔の自分と今の自分は違うから、違う自分として生きればいい

人をめぐる旅(岐阜県中津川市)

昔の自分と今の自分は矛盾する。

だから堂々と矛盾して生きる

 

ボクは大学時代にゼミをバックレたことがあるんだけれど、それが原因で疎遠になっていた先輩に、メッセージを送ってみた。

そしたら、こんな返事が返ってきた。

 

「私もあのときは、まだ子供だったなと思うこともあるんだよ。」

 

ボクは「昔の自分を未熟だ」と感じることが多々あったのだけれど、自分だけじゃないんだって知れた。

こうして、読んでくれている貴方も、そう感じることがあると思う。

 

は生きているかぎり変化する。

変化する度に、「昔の自分」との矛盾も生じる。

 

「あのとき、あんなことを言ってしまったから…あのとき、あんなことをしてしまったから…」

と自分を一貫させようとするよりも、思いっきり矛盾して生きればいいと思う。

 

その方が、「昔の自分」も「今の自分」も喜んでくれるんじゃないかって。

2019.11.5 旅の動画更新!

もし動画がいいなと思ったら、チャンネル登録よろしくお願いします!

貴方様のそんな優しいお気持ちが、私の励みになっています(^^)

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!