怖くて行動できない。怖さを乗り越えられた僕があなたに伝えたいこと

とむです。怖かったけど、仕事をやめてYouTubeをやる覚悟を持てました。

 

「行動できない理由が、自分が怖がっていることに気づけているあなたはすごい!」

と最初にお伝えしたいです。

 

なぜなら多くの人は

自分が行動できないことの背景に

『恐怖』が潜んでいる

ことに気づくことすらできていないことが多いからです

 

人は恐怖を感じているとき、その恐怖を自分から遠ざけようとします。

 

しかし、この”怖い”という感情は、「行動した先にある未来」とセットになっているものなので、

怖いという感情を退けていると、「行動した先にある未来」も同時に退けてしまいます。

 

結果、いつまでたっても行動できず、自分の感情を無視することが当たり前になってしまいます。

 

だから、怖くて行動できないことを認めているあなたは

「すでに行動の第一歩を踏み出しているんだ」

と自信をもってください。

 

自分の感情に気づけることは、受け入れることの第一歩なのです。

 

ここでは

  • 怖くて行動できないあなたが
  • 怖さを受け入れて行動できるようになる

ことを目的に、今からできることに焦点を当ててまとめていきます。

 

とむ
分かりやすく、心のサポートできるように丁寧に書いていくよ!

 

 

1 怖くて行動できないのは「怖さ」を言葉にできていないから

怖くて行動できないことの原因は

自分が何に怖がっているのか

言葉にできていないからです。

 

“自分が恐怖の感情を抱えていること”は分かっていると思いますが、

“自分が何に怖がっているか”分かっていますか?(もし分かっているようであれば、ここは飛ばしてください。)

 

恐怖や不安は、把握できず漠然としてしまうほど、どんどん大きくなっていきます。

 

得体の知れない幽霊が怖いというのと似ています。

幽霊だと思っていたものも、科学的な1つの現象ということがわかれば、気が楽になりますよね。

 

だから、まずは自分が何に怖がっているのか言葉にしてみてください。

 

 

“失敗”が怖い?

そうですね。

 

では

  • 失敗することは”あなたにとって何を意味する”のか
  • どうして失敗することが怖いのか

を言葉にしてみてください。

 

より深く掘り下げていくと、あることに気がつくはずです。

 

ちなみに、下のは僕が『Youtubeを始める』ことが怖いと感じていたものを言葉にしたものです。

よければ参考にしてください。

 

♦「Youtuberになること」の何が怖いのか言葉にしてみる

  • 人に笑われるかもしれないこと
  • 誰にも見てもらえないかもしれないこと
  • アンチがわくかもしれないこと
  • やっても成果が出ないかもしれないこと

⇒結果的に自分が傷つくかもしれないこと

 

2 怖くて行動できないのはネガティブな思い込み

行動することの何が怖いのか、言葉にすることはできましたか?

(まだの人は、言葉にしてから読み進めてくださいね)

 

言葉にすることができたら、あることに気がつくはずです。

その恐怖というのは

全部ただの思い込み

であることに気づきませんか?

 

語尾に注意してみると、どれも「かもしれない」で終わっているはずです。

  • 人に笑われるかもしれないこと
  • 誰にも見てもらえないかもしれないこと
  • アンチがわくかもしれないこと
  • やっても成果が出ないかもしれないこと

 

確かに、その思い込みが起こる可能性は0ではありませんが、可能性が低いものまで入っていませんか?

 

 

ここで朗報です!!

 

 

そのほとんどは、起こりません!

 

アメリカのミシガン大学の研究で、心配事の80%は起こらないことが明らかになっています。

さらに残りの20%のうち、16%は準備していれば対応できるもの。

最後に残った4%だけが、起こってしまうものということですね。

 

 

どうして、こんなことが起こるのかというと、

人には悲観的に考えてしまう思考のゆがみ

があるからです。

 

  • 自分の肯定的な面を低く見積もって、否定的な面ばかりに着目してしまう
  • 自分の否定的な一部だけを見て、全体を決めつけてしまう
  • 上手くできなければ、全部失敗だと思ってしまう

というようなことですね。

 

こちらの記事に、リストとして詳しくまとめてあるので、ご自身の思考パターンを確認してみてください。

「えっ!?これって思考のゆがみだったんだ!」と気づくことがあると思いますよ!

 

 

 

僕自身も、身をもってこれを実感しています。

新卒4カ月で仕事をやめて、今はフリーターとして働いていますが、仕事をやめるときは

  1. 将来食っていけなくなるかもしれない
  2. 社会的な信用を失うかもしれない

みたいな恐怖にずっとおおわれていました。

 

けど実際フタを開けてみれば

  1. 収入はさほど変わらないし(むしろなぜか多い)
  2. 社会から痛い目に見られることはない(むしろブログで共感してくれる人増えた)

みたいな感じです。

 

まだやめて半年なので、これからどうなっていくかは分かりませんが、

少なくとも、今の時点で「怖がっていたことのほとんどは起こらない」と身をもって体感しています。

 

 

お伝えしたいことをまとめると、次の3つです!

 

怖くて行動できなくても大丈夫!

怖がっていることは全部思い込み!

その思い込みの96%は起きないよ!

 

とむ
ちょっとは気が楽になった?

 


ここまででのことを頭で理解して、

「うしっ!じゃあやるか…!」

と一歩踏み出せる人は、さっさとこのブログを閉じて、行動をはじめてください。

とむ
グッドラック! (-ω-)b

 

ここからは、怖くて行動できない人をもう一押しするよ!

 

3 怖くて行動できないのは、捨てることができないから

それでもまだ怖くて行動できないときは

心のどこかで、行動したくない

と思っているのかもしれません。

 

もちろん、行動したいと思っていることは事実かもしれませんが、

同時に「今ある何か」を失ってしまうことに恐怖を感じているということです。

 

「行動したい!けど今も失いたくない」

これが本音です。

 

 

ここで悲報です…。

 

 

両方とることは諦めたほうがいいかもしれません。

 

どこかに行くとは、どこかに行かない行為です。

何かを食べるとは、何かを食べない行為です。

何かを語るということは、別の何かを語らない行為です。

何かを取るとは、何かを捨てる行為です。

何かを行動するとは、別の何かを行動しない行為です。

 

 

人生のキャパを、500 GBに例えてみると、今の生活は500 GBうまってしまっている状態なんですよね。

だから、今行動したいことが10 MBくらいの規模のものであれば、10 MB相当の小さなものを捨てればすぐに行動することはできるでしょう。

 

しかし、あなたが行動したいことが100 GBくらいのもの、ないしは300 GBくらいの大きなものであれば、

100 GB相当、300 GB相当のものを行動の代償として捨てないといけません。

 

ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンと似ていますね。

 

怖くて行動できないほどのことなのだから、おそらく今のあなたが「行動したいこと」というのは、

あなた自身の人生の中でも大きな容量を占めるものなのでしょう。

 

 

だから、今のあなたに必要なのは、

行動するための恐怖を受け入れることではなく

今の生活を捨てることの恐怖を受け入れること

なのです

 

4 怖くて行動できないときは、何かを捨てる覚悟を持つ

一度、静かな場所で内省してみてください。

「今行動したいことは、今の何かを捨ててまでもしたいことなのか」

ということを。

 

これは、「どちらかを捨てる覚悟を持て!」ということです。

 

もし、今を大切にしたければ、行動することが正解とは限りませんよね。

行動した結果を大切にしたければ、行動する覚悟を持てばいいのです。

 

この時に大切にしてほしいことが

どちらの選択肢を取ったほうが、自分の後味が良さそうか

ということです

 

幸せに生きる人生とは

快楽に溺れて後味悪く生きることではなくて

多少の苦労が伴っても、自分の気持ちを大切にして、後味の良い選択肢を選ぶこと

だと僕は思っています。

 

 

茂木健一郎さんも「茂木健一郎の脳がときめく言葉の魔法」で言われていますが、

人の脳は常に楽を求めています。隙があれば楽をしようとします。

 

この目先の快楽にまどわされて、後味を悪くしてしまうのであれば、思い切って今を捨てるほうが、

あなたにとって良いと僕は思いますよ。

 

先日、一緒にYoutubeをする相方が『彼女と別れる』という決断をしました。

3カ月前、一緒にYoutubeをやろうと誘ったときは「彼女とは結婚を考えている」なんて言っていたので驚きでした!

2カ月後には仕事もやめるようです。

これで彼は、500 GBの容量すべてをYoutubeに費やすことができるようになるでしょう。

 

『何かを拾いたい』と願うとき、『何かを捨てる』ことは避けては通れないことです。

だからまずは、静かなところで一人で向き合ってみてください。

 

とむ
僕は最後は思い切りだった!

 

4.1 捨てる覚悟を持つことが怖い人へ

捨てる覚悟が持てないのは

捨ててしまったら、もう拾うことはできないから

と思っているからです

 

おそらく、これまでに一度拾ったアイテムを捨てる経験をしてこなかったのではないでしょうか。

今持っているアイテムを捨ててしまったら、もう二度と拾えないと思っているのではないでしょうか。

 

勘違いはここです。

 

今持っているアイテムを捨てるから、新しいアイテムが拾えるのです。

そして、拾わないとどんなアイテムなのかすらわからないのです。

 

僕個人的な意見としては

今あるアイテムを持ち続けてゲームをクリアするよりも

どんどん捨てて、新しいアイテムをゲットしていく

ほうが楽しいと思います。

 

何を取って何を捨てるのか…

人生は本当にRPGですね。

 

最後になりますが、静かな場所で自分と向き合って、自分が後悔しない選択をしてくださいね。

 

5 まとめ

ここでお伝えしたかったことは次の3つです。

  1. 怖くて行動できないときは、まずは何に怖がっているのか言葉にしてみて!
  2. 怖いと思っていることは、96%は起こらないことだから安心して!
  3. 最後は、捨てる覚悟を持って!

 

 

最後に僕の大好きな、モハメド・アリさんの言葉を引用させていただきます。

He who is no courageous enough to take risks will accomplish nothing in life. (リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる。)

Muhammad Ali (モハメド・アリ) -

 

自分に素直に、自分を大切にする決断ができるといいですね。

ではっ!

2019.11.17 旅の動画更新!

もし動画がいいなと思ったら、チャンネル登録よろしくお願いします!

貴方様のそんな優しいお気持ちが、私の励みになっています(^^)

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!