自分だけ良ければいいのか?という問い[101/1000]

岐阜県恵那市は笠置山(かさぎやま)にいる。

どうしても静かな場所で本を集中して読みたくて、今日からここで、山ごもりをすることにした。直近の計画である、自然の中の拠点づくりをどうするのかも考えながら、とりあえず水と食料が尽きるまでは、ここで過ごす予定。

♦所持品リスト

・水(40L) ・玄米(2kg) ・かぼちゃ(半カット) ・すくなかぼちゃ(1本) ・塩(500g)

・インスタントコーヒー(80g) ・ナッツ(500g) ・電気(雨が2日続いたらゲームオーバー) ・電波(なんとか2本立っている) ・ガス缶(5本)

 

山で過ごすことが、デフォルトになってきた。夜は真っ暗で、人や街の安心はないけど、怖さの中をじっと見つめた先にも深い安心がある。

山には誘惑がないので、瞑想や本に集中できる。空気も美味しく景色は綺麗だ。つい街にいると堕落してしまう私には、山での時間が必要だ。カップアイスを1日に10個近く食べるときもあるほど、病的に甘いものを食べなければ気が済まなかった私も、山では熱々のコーヒーを飲んでいれば、そんな気も不思議となくなる。

 

精神修養 #10 (2h/32h)

・胸の奥に痛みをしばらく観察していた。これは日々「不安」とか「緊張」とか言葉として認識する苦しみの類の感覚である

・「感情は言葉にして理解しようとするが、身体に生じている痛みと表裏一体か、もしくは痛みこそ感情の本質なのかもしれない。言葉の上では同じ感情でも、痛みに着目すると微妙に違うのではないか?」

・好くことも嫌うこともしない。痛みをただフラットに観察していると、思考に注意を持っていかれ、気づいた頃には胸の痛みは消えていた

・「1時間の瞑想で起こっていることと、まったく同じことが1日、1年、10年の中で起きている。旅は人生の縮図と同じ意味。気づいては、忘れ、気づいては忘れてる。」

・呼吸への集中をさらに鋭くしたい。集中できているときは、中丹田のあたりに重心がのって、背筋が美しく伸びるのが分かる

 

・ただ呼吸に集中するだけではなく、鼻孔を通る空気の感覚に注意を向ける。エリアを狭めることで、いつも以上の集中が必要。

・瞑想中、考えがまとまりそうになると、つい加勢してしまうが、本質を見失っている。考えには付き合わない。隙をつくらない。

・今日も眠くなるが、考えに反応しているときは眠くならないことを考えると、ある程度集中できているからだと信じたい。心が静まると眠くなる?

・眠くなっても、身体が倒れたくなっても、絶対に倒れないぞ!この意志は固く持つ。忍耐も必要。

 

一人の時間はいいが、楽をするためだけの時間になると、「自分だけよければいいのか?」という問いが生まれて、虚しくなる。自分の肉体を満たすだけの時間は、世界にとって何の意味も持たず、心はそれを見逃さないぞというように、大きな孤独感に化けて、私に訴えかけてくる。

生産的な行いをすれば、世界と繋がれるような感覚は生まれるし、心の訴えを無視しつづけていると、世界から切り離されて、一人ぼっちになってしまったような感覚になる。誰かと一緒にいたら、一人じゃないことは分かるけど、一人でいるときに一人ぼっちになると、本当に一人ぼっちになる。

 

山に来ても、バカンスとは違う。自然の中で一人で過ごすことを話すと、羨ましがられることもあるが、君が想像しているのとは違う、といつも思う。派手さはない。質素と規律に厳格であることを自分に課す。

私は仏教徒ではないけど、足るを知ることのできる仏教の美学には影響を受けている。俗世の楽しみをすべて断ち切ることほど、自分に厳格にはなりきれない。ただ、煩悩に振り回されて、反動的に生きることより、感情の全体を捉えながら、節度をもって真っすぐ生きるほうが、私には生きやすい。

 

呼吸の訓練ではない。呼吸に気づく訓練である。呼吸をコントロールするのではなく、自然な呼吸に意識を置くのである。

この瞑想がどれほどむずかしいかは、やってみるとすぐわかる。呼吸に意識を置こうとしても、足の痛みが気になる。雑念に気を取られないように、と思っても、過去の記憶や、将来の計画、願望、不安などが百出する。そのどれかに注意をうばわれ、かなりの長いあいだ呼吸のことを完全に忘れてしまう。そこで、もう一度、決意を新たにして瞑想に入る。だが、すぐまた心は知らないうちにどこかにさまよう。

いったい、だれが心をコントロールしているのだろう?呼吸に意識を置く瞑想を始めたとたん、心というものがいかに気ままで手に負えないものか、いやというほど思い知らされる。ちょうど、わがままな子供が一つのおもちゃに手を出し、すぐにそれに飽きてまたべつのおもちゃに手を出すように、わたしたちの心はつぎからつぎへ雑多なことを考え、現実から逃げてゆく。

ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門

 

特に人に会う予定がないので、山に来ていますが、もし会ってやってもいいぜ!という方がいたら、ご連絡ください!

散々、質素とか、規律とか、厳格とか言ってますが、うまい焼肉が食べたいです!ふらふら生きてる私に喝を入れてください。お願いします。

【0円で生きていける拠点づくり】

森の中に瞑想小屋を建て、家を開放するのが直近にやりたいことです。

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です