自分軸の作り方!他人軸で22年生きた人間が自分軸で生きる具体的方法

「自分軸で生きると人生が変わる」

これは本当だ。

 

僕は22歳までずっと他人軸に縛られて生きてきた。

だけど、留学と就活がきっかけで自分軸に生きると、これまで見ていた世界が音を立てて崩れていった。

そこにいたのは見たこともない新しい自分。

 

僕は今、3歳だ。

2018.12現在、自分軸で生き始めて3年。もうすぐ4年になる。

 

この記事では、そんな僕の経験を体系化したものだ。

自分軸で生きたいと願う人にとって、何かの力になればいいと願う。

 

0 自分軸を作りたいと願うあなたへ

自分に軸がない状態って、生活してて、ものすごく不安だ。

  • 自分の決断に迷いが生じるし、
  • 自分の意見がないし、
  • 自分の進む方向に確信が無いから、自信が持てないし、
  • 自信が無いから、どこか振り切れないし、
  • 自分のやりたいことが分からないし、
  • 自分の行動に一貫性が無いし、
  • 他人に流される。

 

 

生きながら、自分を生きている実感がない。

歩みながら、自分の足で歩いている感覚がない。

身体は生きているけど、精神は生きていない。

人生は自分の思い通りにならない。

 

 

もしかしたら、あなたはそんな感覚になっているかもしれない。

そして、そんな自分に嫌気がさして、「自分」を変えるために必死で生きようとして、今ここに流れ着いた。

 

 

実は、僕も『自分軸』というものが全く無かった。

  • 親の期待に応えながら生きてきて、
  • 自分で人生の選択をしてこなくて、
  • 周りの大きい声ばかりに耳を傾けて、
  • 人に嫌われないように必死になって、
  • 本を読んでは、いちいち影響されて、
  • ネットの情報に不安になって、
  • 自分の頭で、物事を考えることをずっと避けてきて、
  • 終いには、自分が一体何者なのか全く分からなくなった。

 

 

今となっては、「そんな自分」がいたことも悪くなかったと思っている。

そんな「自分がない状態」があったからこそ、いま「自分がある状態」を強く感じながら生活することができているから。

 

 

自分軸は、1日では完成しない。

1日でつくった軸は、ポキンと折れてしまう。

だから残念だけど、この記事を読み終わっても自分軸が確立されるということはない。

 

 

けれど、長い目で見た時に、自分を生きるため、幸せになるための確かな軸の作り方をしっかりと理解してもらおうと思っている。

あんまり気負いしすぎずに、リラックスしながら読んでほしい。

 

1 自分軸を作るたった1つのマインド

自分軸がない状態というのは、自分に自信を持てない状態のことだ。

自分に全く意見が無いわけではない。

 

 

意見はある。

ただ、「本当にこれでいいのか。」「これでいいんだろうか。」と確信が持てない。

だから、自分の声じゃなく、他人の声に追従してしまう。結果ブレる。

 

 

 

自分軸は、「自分は自分のまんまでいいんだ。」というマインド持ち始めた瞬間から生まれる。

このマインドによって、『自分の声の存在』に初めて気づけるから。

 

 

他人軸でずっと生きてきた人ほど、意識が常に外側を向いているから、内側に自分の声が存在していることすら、気づけなくなる。

特に外が騒がしい場所にいればいるほど、なおさら内の声は聞こえなくなる。

 

 

自分の声を聞きとれていたとしても、意見がへぼいとか、ショボいとか感じてしまう。

 

 

けど、それでいい。

それは他人軸で生きてきて、自分軸が育ってないだけだからだ。

自分軸を確立していけば、自分の「心の声」も好きになっていく。

 

 

「自分は自分のまんまでいい。」

このマインドから、あなたは、本当のあなたとして、生まれ変わり始める。

ここが『第2の自分』としてのスタート地点。

 

 

当然今すぐに、「自分のまんまでいい」という感覚が持てるわけではない。

僕も100%この感覚を持っているわけではない。

 

 

ただ決意だけは誰でも持てる。

そして決意さえあれば、人は前に進める。

POINT
  • 自分軸の無い状態は、自信のない状態
  • 「自分は自分のまんまでいい」というマインドが、自分軸をつくる上で前提になる。

 

2 自分軸の作り方

自分軸をつくる行動は、めちゃくちゃシンプルだ。

自分軸は、『学び』から作られる。

学ぶ姿勢の積み重ねで、自分軸はできていく。

 

 

自分軸が持てない時、この『学び』を根本から勘違いしていることが多い。

学びとは、知識の吸収ではない

学びとは、知恵の創出だ。

 

成功者の本を読むことも、SNSやメルマガで有力者から情報を得ることも、このブログを読むことも全て「学び」ではない。

これらは、全て「他人の学び」を知識として外から取り入れているにすぎない。

 

学びは外からではなく、内側から生まれる。

 

学びは、

  1. 経験を自分が感じ
  2. 感じたことを自分の言葉にし
  3. 自分の言葉から自分が行動に移すことから生まれる。

 

この“自分を起点にした3つの行動”こそが、学ぶ姿勢であり、自分軸をつくる過程だ。

 

 

本もSNSもこのブログも、”あなたの学び”ではないと言ったが、3つのプロセスを通せば、”あなた自身の学び”になる。

この3つのプロセスは回せば回すほど、自分軸はより太く、強固なものになっていく。

学びとはそんな気付き実践の繰り返しだ。

自分軸をつくる生活習慣は、たったこれだけだ。

これだけならなんだかやれそうな気がしてこないだろうか。

POINT
  • 自分軸は”学び”から生まれる
  • “学び”とは、知識の吸収ではなく、知恵の創出(外からではなく、内から生まれる)
  • “学び”とは、自分が感じ、自分の言葉にし、自分が行動に移すことで生まれる

 

3 自分軸をつくるために、「①自分で感じる」

人にはもともと“感じる力”が備わっている。

本を読んだり、映画を見たり、何かを食べたり、何かしらの経験をしたとき、人の中には感覚が生じている。

そして、この感覚は自分の知識や価値基準のフィルターを通って、楽しい、嬉しい、悲しい、怖いといった感情として知覚される。

 

 

問題はここからだ。

他人軸で生きることが当たり前になってしまうと、自分の感覚や、感情に鈍感になっていく。

 

 

どのくらい鈍感になるか。

僕の場合は、「僕はこれがやりたい」「僕はこれが好きだ」と心がずっと叫んでいたのに、全くそれを感じることができないくらい鈍感になっていた。

表現の誇張なく、本当に“そこにあるのだけれど、気付けない”のだ。

 

 

気付くことができない原因は、『自分の声<他人の声で生きているから。

他人が、感じたことに同調し、他人が言ったことを鵜呑みにし、他人が行動したことに便乗してしまうから。

だから自分で感じるためには、『自分の声>他人の声』のスタイルに変えるしかない。

 

 

そのためにやるべきことは2つだ。

  1. 「自分は自分のままでいい」というマインドを大切にすること
  2. 些細な出来事でも、自分の中に生まれた感情に気付くこと

 

ここで一番最初に言ったマインドが大事になる。

このマインドを持つことで、初めて自分が感じることを許可できるから。

 

4 自分軸をつくるために、「②自分の言葉にする」

自分軸がある人の言葉は、血肉が通っていて、地に足がついているように感じないだろうか。

あれは、経験をかみ砕いて、消化した上で導き出した、自分の言葉だからだ。

 

例えが汚いが、”うんこ”のようなものだ。

自分で消化できた言葉は、自分の経験と結びついているから、一人歩きしない。

だから言葉が深い。

 

 

他人軸の人は、経験を自分で消化していないため、自分の言葉がない。

“食べてもうんこをしていない”状態のようなものだ。だから、どれだけ経験しても、自分の身になっている感覚がない。

どこか取ってつけたような言葉だったり、軽い言葉になってしまう理由は、それは他人の言葉であって自分の言葉ではないからだ。

 

 

自分軸をつくるためには、感じたことを自分の言葉にすることが必要がある。

すなわち「たくさん”うんこ”をしろ」ということだ。汚い例えで本当に申し訳ない(2回目)

 

 

経験を、自分の言葉にするための手順は以下の通りだ。

●Level 1: 自分の感情や思考をそのまま言葉にする

●Level 2: 自分はなぜそう感じたのか言葉にする

●Level 3: 自分は何がしたいのか、どんな自分になりたいのかを言葉にする

順番にみていこう。

 

●Level 1: 自分の感情や思考をそのまま言葉にする

自分に鈍感な状態で、いきなり自分の意見を持て!なんていうのも無理な話なので、

  1. 感情
  2. 思考

をそのまま言葉にすることから始める。

 

今自分はどんな感情で、何を思っているのか、それをそのままノートに書くだけでいい。

つまり、日記のようなものだ。

 

「なんだよ日記かよー。」

と思われたかもしれないが、そう思うのは早い。

 

これまで、ふさぎこんでいた自分の感情を表現することが、どれだけ気持ちの良いことか、

これまで、見向きもしなかった自分の思考を見つめてみることが、どれだけ新鮮なことか。

 

やって後悔はしない。

 

日記は自分の軸をつくる上で、最も簡単にできて効果的なステップだ。

僕も日記で変われた。

 

効果を感じられるとさらに楽しくなる。

だから、1日の中で嬉しかったことでも、悲しかったことでも、一番感情が揺れ動いたことを書いてみてほしい。

 

 

Level 2: 自分はなぜそう感じたのか言葉にする

自分に気付くことができたら、自分の深い部分の価値観を言語化していく。

深ければ深い価値観ほど、強い自分軸になることも覚えておいてほしい。

 

 

嬉しいと感じたら、なぜ自分は嬉しいと感じているのか?

悲しいと感じたら、なぜ自分は悲しいと感じているのか?

 

 

なぜ?なぜ?なぜ?と繰り返し自分に問いていくと、自分のルーツである原体験に辿り着く。

原体験まで見つければ、自分軸の骨格は見つけれている。

 

 

難しく考えなくてもいい。

これは、Level 1で行った日記の延長に行えば簡単にできる。

 

それに、覚えておいてほしいのが、

これもめちゃ楽しい!ってこと。

 

 

自分の知らない一面が、どんどん見えてきて、これまでの自分の行動全てに一貫性があることに気付く。

やればやるほど、どんどん自分の経験が繋がっていく。どんどん自分が知れる。

 

 

そして、世の中の見え方も変わっていく。

本当に、日記って人を変える恐ろしい魔力を秘めていると思う。

 

 

Level 3: 自己実現を言葉にする

最後に、自分はどう自己実現していくのか言葉にしてみてほしい。

具体的には、次の2つだ。

  1. 自分は何がしたいのか
  2. どんな自分になりたいのか

 

 

これは、自分軸の中でも最も強力な2軸だと僕は思っている。

自分のしたいことが明確にあれば、不本意な他人の誘いにのってしまうこともなくなるし、なりたい自分を言葉にできれば日々の行動が一貫する。

 

「自分でも見つけられるかな…」

と不安に思われたかもしれないが、心配しなくていい。

 

 

自分軸を見つけるコツは、等身大の自分と向き合うこと。

認めたくない自分を直視してみてほしい。

そしてそれを身体全身でしっかりと受け止めてほしい。

 

核となる自分軸を形成する原体験は、弱さの向こう側に隠れていることが多い。

Level 1から日記を始めて、日々自分と向き合う過程で、これらは必ず見えてくる。

 

参考記事:自分軸の例(現在執筆中)

 

5 自分軸をつくるために、「③自分の行動に移す」

「自分軸を作る」という意味では、②で既に完結している。

ただ、それがあなたの本当の目的じゃないはずだ。

 

あなたは、「他人にふりまわされないために自分軸を作りたい」といった想いの奥には、「自分らしく生きたい」という光に満ちた願望であるはずだ。

 

そうであるなら、日々を自分で決断して行動していく必要がある。

行動することで、初めて自分軸で生きられる。行動することで、初めてこの世に”自分”が存在できる。

 

 

親の期待の上に生きるのをやめて、自分で人生の進路を決めるんだ!

周りの大きな声に従うのをやめて、自分で声をあげるんだ!

皆が、反対に進んだとしても、自分は行きたい方向へ進むんだ!

 

 

最初は怖い。不安だ。

けどそれでいい。

その恐怖と不安こそが、自分軸で生きている何よりの証拠だ。

 

 

自分軸で生きることは過酷だ。

他人のせいにはできない。

結果の全ての責任を自分が引き受けなければいけない。

 

 

けどその先には、自由と喜びに溢れている。

それは、勇気をもって自分を大切にしたものだけが見られる世界。

 

やろう。

僕も同じようにやる。

 

6 まとめ

POINT

  1. 「自分は自分のまんまでいい」というマインドが、自分軸をつくる上での土台になる。
  2. 自分軸は”学び”から生まれる。”学び”とは、知恵の創出
  3. 学びは、経験を自分が感じ、感じたことを自分の言葉にし、自分の言葉から自分が行動に移すことから生まれる。
  4. 自分の言葉を増やし、行動に実践していくことで、自分軸は確立されていく。
  5. 自分軸で生きることは過酷。だけど、その先には自分軸で生きた人しか味わえない自由と喜びがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!