本物はここにしかない。今ここにあるものだけが本物だ[43/1000]

今日も太陽が天に上り、地球生命体としての活動が始まろうとしている。既に太陽に焼き殺されそうだ。

塩は舐めているか。水を飲んでいるか。朝飯を食べる人は、両方まとめて取れる味噌汁を飲んでいるか。我々が今日も生きる人間という器は、エネルギーを欲しているぞ!暑くて朝からちょっと元気が出ないなぁという人は、海の塩だ!塩を舐めたいだけ舐めて、水もちゃんと飲んで今日を元気にはじめよう!

 

  • 人が繋がることは「今」しかできない。「今」にいないとき、人は孤独になる
  • いい会話といい会話風の会話は違う。いい会話は、今の会話。
  • 目の前の人を大切にしたいなら、今を生きることが一番。

 

私はいま、孤独を感じている。人と繋がることに失敗すると、孤独を感じる。とりあえず一人になりたくなる。孤独を感じながら、なぜ人と繋がることに失敗したのかを考える。

考える前提として、自分も、相手も、悪意はなく、善意で生きていることを、忘れないように心がける。もし、一方が悪者になれば、そこには分断が起きる。自分のあんな行動がダメだったとか、相手のあんな態度が悪かったとか考えれば、今この瞬間の心の虫は簡単におさまるかもしれないが、正義と悪、正解と不正解、勝者と敗者で分断は起きてしまう。分断は孤独な人間を孤立させる。

 

私は、昨日、人と繋がることに失敗した。

友人と友人の彼女Yさんにお会いした。Yさんとは、初めての面識だった。森で自由に振る舞う彼女に、私は好感をもった。友人もいいヤツで、東南アジアを一緒に旅したこともある彼とは、何度も喧嘩をし何度も感動を共有した。彼とは苦楽を共にした仲である。

 

だが、3人の場となると、空気の流れは変わった。

私は、友人と彼女のYさんの2人の間に流れる空気感に、どうしても気を遣ってしまった。Yさんも、私と友人の間に流れる空気には、一線を超えて踏み込まないように配慮してくれているようだった。

友人は友人で、私とも会話をしながら、彼女を退屈させないように、またその逆もしかりで、色々と気を遣っているようだった。

 

何気なく会話は進んだが、私はいまいち、深みのある手ごたえを感じていなかった。夢の話を聞いていても、なんだかいい会話をしているようで、「いい会話風の会話」だなと感じた。それは、ここにある「今」の話ではなく、ここにない「いつか」の話をしているからだと感じた。

「お金がたまったら」とか「そのうちタイミングがきたら」のように曖昧になると、夢の話は、今の話ではなく、未来の話になる。未来の話は可能性に満ちているけど、私はいつも、それが今ここにない、もどかしさと、虚しさをおぼえる。

 

だから私は今の話がしたい。今ここに在るものは、3人で一緒に見ることができる。3人で一緒に体験できる。3人で一緒に感動できる。今ここにある体験をとおして、私たちは繋がる。逆に、今ここにある体験を介さなければ、人は繋がれない。なぜなら、人は今ここにしか存在しないから。

 

夢の話を聞いているときよりも、目の前で、オクラやお焼きを焼いて、「これ美味いな!」と分かち合っている時のほうが、本物だったと感じた。少なくとも、嘘はない。夢の話が嘘ということではない。それは確かに、願望としてあるのだろう。

ただ、今ここにない話は、話しても話しても空を切るような感覚で、とても虚しくなるのだ。それよりも今目の前にいるあなたに触れたい。

 

先日、仕事を辞めて、屋久島に呼ばれていると感じて、屋久島に行ったRさんを思い出した。彼女がとむの家に遊びに来たとき、私が「今心にあることは、屋久島に行くことですか?」みたいな質問をした。

クローズドクエスチョンで変に誘導してしまい、思わず「やっちまった・・・!」と後悔した私だったが、Rさんはすかさず「今心にあるのは、ここです!」と言って、目の前の私や、ここに広がる山々、今一緒に食べているパンを示した。

 

私はこの瞬間が忘れらない。とても嬉しかった。今を生きるとは、目の前の人のそのままを見て、今ここにあるものをそのまま体験することだと思った。

以前記事にした、「そのままがある」という感覚に似ていると思った。これが人を大切にする1番の行動だと思った。今この瞬間を共に心に刻めるほど、私たちの時間を実らせることはない。

>【保存版】そのままがある、そのままでいるという感覚について[27/1000]

 

だから私も、今を生きたい。これから出会う人と、最高の瞬間を過ごすために。いい時間を過ごすために。

せっかく出会うのだから、あなたとの出会いを私は心に刻みたい。何回会っても、またその都度その都度、刻みたい。

 

 

今したいことって、別にカッコイイことじゃなくていいんじゃないかな。

でっかい夢とか立派なことじゃなくても、寝たいとか、暴れたいとか、はっちゃけたいとか、愚痴をこぼしたいとか、砂漠にぶっ倒れたいとか、アイスクリームを食べたいとか、ネコと戯れたいとか、そんなことでいいんだ。

それはもしかしたら、この一瞬かぎりの、儚いものかもしれないけど、私たちが生きるのは、このひと時の連続なんだ。

 

そんなことを感じていた今。気づけば、太陽もギンギン!

私は今にも暑さに屈服しそうですが、皆さまはいかがでしょうか。太陽に負けん気を発するのはご自由ですが、ほどほどにやりましょう。

 

というわけで今日はこの辺りで!

また明日!ばいばい!

【0円で生きていける拠点づくり】

森の中に瞑想小屋を建て、家を開放するのが直近にやりたいことです。

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です