感情を一人で貯め込まないこと。自分だけのものにしないこと[95/1000]

新潟は妙高高原。

納得のいく言葉が書けなくて、書いては消す、書いては消す、を延々と繰り返してる。ああああああああああああああ、発狂しそう。

95日目。よくこんなんで、ここまできたなと改めて感じるけど、こんな風に悶々とする感情を、これまでも、力づくで引きずってここまできた。

もうどうしようもなくなったら、最後は、力づくで、無理やり持っていくしかない。考えちゃ駄目だ。ただ引っ張る。引きずる。そして持っていく。うおおおおおおお、力の勝負だ。何も考えず、ただ強引にもってゆけ!生易しくなんてしない。スパルタでいくぞ!うおおおおおおおおお!

 

精神修養 #5 (2h/19.5h)

 

驚くほど静かだった。1時間の瞑想が、体感としては半分以下に感じた。

呼吸には、無数の種類があると知った。太い呼吸、細い呼吸、長い呼吸、短い呼吸、鋭い呼吸、鈍い呼吸、速い呼吸、ゆっくりな呼吸、うるさい呼吸、静かな呼吸、温かい呼吸、冷たい呼吸。

 

これらが無数に組み合わさって、1時間の中でも、呼吸が無限に変化しているのが分かった。

呼吸に気づいていても、雑念に意識が飛んでしまう。雑念から呼吸に戻ってくると、呼吸の形はまったく別のものに変わっていた。

その新しい呼吸を、ただ観察していると、また雑念に意識が飛ぶ。再び、呼吸に戻ってくると、また別の形の呼吸に出会う。この繰り返しだった。

 

息を吸って、息が身体を通過し、お腹が自然と膨れ上がる。呼吸をする身体は、まるで海の中をヒラヒラと揺れる海藻のようだった。

考えていることに従って、呼吸が変わるのか、それとも呼吸に従って考えが生じるのかは分からなかった。

 

「瞑想をすると、生活が引き締まる」と以前書いた。生活が引き締まるのは、生活に輪郭が生まれているからで、輪郭が生まれたことによって、生活のど真ん中を掴みやすくなったように感じる。

ほんの一瞬だけ、何もない静けさに出会った。瞑想をすると、日常では知覚できないような、特別な感覚を得るが、感覚に執着しては本末転倒になる。

ただそのままの呼吸に集中するのみ。

 

 

夕の瞑想。

「呼吸をしている」というよりも、「呼吸がある」という感覚。呼吸が移り変わる瞬間をとらえた。

自分の意思と関係のないところで、呼吸が自ずと変化している。まるで身体が意思をもっているようだった。

 

1時間の胡坐で足はかなり痛い。しかしこの痛みに注目してみると、足全体が痛いのではなく、痛みの中にも一番痛い部分、つまり「核」があることが分かる。

その痛みの核に、さらに集中すると、核の中にまた核がある。「足が痛い」というぼんやりとした認識から、足の「点」が痛いという認識に変わる。

 

またこの「痛み」の感覚そのものに注意してみると、一点にどす黒い気がまとわりついているような、そんなことが起こっているのを感じた。(この感覚に集中していたところ1時間の時間切れ。)

 

朝と夕に瞑想をすると、生活に骨格が生まれる。朝は「輪郭」が生まれると書いたけど、「骨格」が生まれるとも感じた。

骨格のおかげで、自分を築いていける、そんな感じ。

 

心の時間と、肉体の時間の両方が必要。骨格はあくまで心の時間で、築き上げるには肉体を使う必要がある。

 

昨日の夕の瞑想で、痛みには核があると感じた。同じように、感情にも核があると感じている。

昨日、改めてオーストラリアのアデレートの山奥で、野営したときの日記を読み返して、感情は内側から爆発させることで、潔く、美しく、華麗に、宇宙に散っていくのだと思った。

感情が華々しく散る様子は、まるで感情を宇宙に還しているようだと思った。

 

自給自足の暮らしをされる青森南部のTさんご家族と会って、改めてこの世界のあらゆるものは循環していると感じた。中でも特に印象に残っているのが、コンポストイレ。便は肥料になるという話は知っていたけど、その循環を1つの生活として完成させているのを目の当たりにすると、エネルギーの流れが目に見えるようだった。

 

感情を宇宙に還すのなら、感情は宇宙からやってくるということになる。

まるで私たち人間に、ある種のエネルギーを「感情」として授け、感情を用いてこのエネルギーを爆発させてみろと言わんばかりだ。つまり感情は、宇宙からの挑戦状ということになる。「この感情をお前に授ける。お前はこの感情を爆発させられるかな」と挑発されているようだ。ふふふ、おもしろい!

 

体内に蓄積されていく感情は、言葉にしなければ、心が病んでしまう。しかし、溜まりにたまった鬱憤を、思いっきり爆発させるように晴らたときは、なんとも晴れ晴れしく、生き返った心地がする。

 

私たちが、エネルギーを感情として授かったのならば、感情の本質は自分だけのものではないということになる。真面目な人ほど、感情を一人で貯め込んでしまうけど、実はそれは不真面目な行いかもしれない。

自分だけのものじゃないものを、自分のものだけにしようとすると、結果心が病む。

 

感情はそもそも宇宙から授かった、自分のものではないエネルギーそのものであり、我々の使命は、感情の中に飛び込み、華々しく宙に爆発させることだ。

そうして、エネルギーを世界に還元させるなんて、なんとも生命活動とは偉大じゃないか!

 

華々しく、散らせていこう!夏は終わったが花火みたく爆発祭りは、ずっと続くぜ。

【自然の中で暮らす、とむに会いに来ませんか?】

あなたとの出会いを心から待ち望んでいます!

詳細はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!