【暇とは】時間に追われることも時間を追うこともない儚い命

「毎日が暇だ」という台詞を吐く人間は、時間に追われることと、時間を追うことの狭間にいる人間なのだろう。

なんて言うと、かっこえぇ…!と中二病心をくすぐられる。

 

実際、暇であることは悪いことではない。むしろ、私は暇が好きだ。

しかし暇を「潰す」ことは嫌いだ。暇は潰そうとした途端に、退屈なものに変わってしまう。

 

時間に追われているとき、時間が自分を隠してくれる。

時間を追えば、自分は時間の中に隠れることができる。

 

時間に追われることも、時間を追うこともない人間は、逃げることも、隠れることもできない。

ただ、ここにいる存在している自分を、じっと見つめることしかできない。

 

自分を見つめることのできない人は、暇つぶしとやらで、そこにただ存在する自分を隠そうとする。

暇つぶしは、自分隠しだ。

 

賑わしさと賑わしさの間にある、静かな時。

止まっているのではないかと錯覚してしまうほどの、ゆっくりとした流れ。

そこにじっと佇んでいられる人間は、静の気を養う。

 

きっと私たちは、時間の中に身を隠すことに慣れている。

だから、時間の中にいる時に、安心感をおぼえる。

私もそうだ。

 

暇に耐えきれなくなった私は、暇をなくそうと、運動を始めた。

運動は体に良い。毎日20分ほど、二重とびをする。

 

暇に耐えきれなくなった私は、1日1食を始めた。

主に野菜スープをつくる。栄養満点で、とても美味しい。身体も芯から温まる。

 

暇に耐えきれなくなった私は、夜更かしもせず、しっかりと眠るようにした。

お陰様で、日中は目がさえきっていて、朝の4時から元気いっぱいだ。

 

するとどうなったか。

運動を始めたら、身体の調子はますます良くなって、元気な時間が増えた分、さらに暇になった。

1日1食を始めたら、ご飯を作ったり、食べたりする時間が減って、身体も軽くて、さらに暇になった。

しっかり眠ることを始めたら、日中の意識は常にしっかりしていて、身体は絶好調で、ますます暇になった。

 

 

「あなたは今日で死んでします。今日が人生で最後の1日です。どうか有意義にお使いください。」

と、突然舞い降りてきた天使に、淡々と余命宣告をされたら、どうするだろう。

 

「はぁ?ふざけんなよ。」と憤りながら「ま…まじか…」と焦燥感に駆られながら、きっと暇は一瞬で消え去るに違いない。

余命宣告は、運動会のかけっこのスターターピストルのようなもので、時間は再び、私を追いかけるだろう。

 

きっと人は、命の有限性を提示されたら、限られた1日を精一杯楽しもうとするに違いない。

そんな中、余命宣告をされても、肝を据わらせて、じっとしていられる人間がいたら、なんだかとっても惚れ惚れしてしまう。

 

私たちが死んで、魂だけの存在になったとき、私たちは時間の概念から自由になるのだろう。

時間に追われることも、時間を追うこともない。その狭間で、暇を感じることもない。

 

時間があるのは、ここに生きている証拠だ。

暇で暇でどうしようもないのは、この身体を使って、まだ死ぬ前に、たくさん経験したいことがある証拠だ。

 

ここに命を感じて。

今日も私たちは確かに生きている。

2020.2.29 旅の動画更新!

もし動画がいいなと思ったら、チャンネル登録よろしくお願いします!

そしたらいつか、そんな美しい貴方様と私が、実に繋がれる日が来るかもしれません(^^)

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です