努力が嫌いなあなたは、努力を我慢と勘違いしているだけ。

努力とは何でしょう?

世間一般的には、『頑張ること=努力』と捉えられてます。

 

けれど頑張っているつもりでも

実は我慢しているだけ

なんてこともあります

 

自分がやりたくないことを、頑張ること……

これは努力といえるのでしょうか?

 

努力が嫌いな人は、努力と我慢をごっちゃにしているように思います。

努力は、自分の想いを叶えるための主体的なものだからです。

 

 

1 努力が嫌いな人は、やらされているから

努力が嫌いな人は、努力を勘違いしています。

努力:自分の想いを実現するために、頑張って積み上げること

我慢:自分のやりたくないことを、頑張ってやること

だとボクは思っています。

 

行きたくない仕事に、毎日頑張って行くのは、努力ではありません。

これは我慢。

 

他にも、やりたくもない勉強を、毎日こなすのも、努力ではありません。

これも我慢。

 

努力とは、自分の想いを実現するために、コツコツと積み上げることです。

 

大学で心理学を勉強したいから、毎日頑張って勉強する。

これは努力。

 

ピアノの全国大会で、結果を残したいから、頑張って練習する。

これも努力。

 

仕事で、成果をあげたいから、一人残って仕事をする。

これも努力。

 

努力と我慢の違いは

  • 自分がやっているのか
  • 他人にやらされているのか

の違いです。

 

努力が嫌いな人は、努力を我慢と間違えているんじゃないかな~とボクは思います。

努力が嫌いなのではなく、「我慢が嫌い」といった方が正確です。

 

我慢…..ボクも嫌です。

 

2 努力が嫌いな人は我慢で消耗している

我慢を努力と錯覚したまま、頑張りすぎてしまうと

心身がボロボロに疲弊

してしまいます

 

ボクたちって、学校教育を受けてきたころから、我慢と努力を同じようなものとして考えさせられてきました。

  • やりたくない勉強も、我慢していい成績を取った人が、称賛される。
  • やりたくない掃除も、我慢して無言で丁寧にやった人が、先生に褒められる。
  • 食べたくない給食も、我慢して全部食べ切ることが美徳とされる。

 

我慢を美徳とすることの何が問題かって

自分の本当の気持ちが置き去りにされてしまうこと

です

 

「心がやりたくない」と言っているのに、その気持ちを認めてあげなければ、当然自分は苦しくなります。

ボクがそうだったのですが、我慢をずっと続けて、自分の気持ちが分からなくなるなんてこともあります。

 

 

 

 

自分を見失ってしまうくらいなら

我慢なんてしなくていい

とボクはお伝えしたいです。

 

我慢して、自分を犠牲にしてしまうよりも、

自分を大切にすることの方がよっぽど大事です。

 

今頑張っているあなたは、「努力」ですか?

それとも「我慢」ですか?

 

3 実は努力するよりも、我慢する方が簡単

ボクたちが、自分を消耗させてまでも、我慢してしまうのは

何かに向かっていくよりも、何かに耐える方がずっと簡単

だからです。

 

「自分で考えてやる」より「人に決められたことをやる」方が、楽ということですね。

もらとり
番長
  1. 自分の頭で考えなくてもいいし
  2. 責任を取る必要もないからな

 

例えば、「常識」なんかがそう。

  • 大学を出たら働くことが”普通”
  • 嫌でも仕事に行くことが”普通”
  • 毎日学校に行くことが”普通”

 

常識にそって生きていれば、親からうるさく言われることもなくて、リスクがなくて安全な生き方のように思えます。

一方、常識からはみ出て生きれば、自分の将来に真剣に向き合って、自分の決断に責任を取って生きないといけませんよね。

 

 

「常識」にそって生きている限りは、「常識」が責任を取ってくれてます。

自分の中に「これがやりたい!」という気持ちがあっても、常識のレールを踏み外して頑張るよりも、レールの上で頑張ったほうが楽なのです。

 

もらとり
番長
「仕事をやめたい」と言っている人が、仕事をやめることができずに、文句を言いながら続けるのも、これが理由なんだな

 

4 努力が嫌いなら、自分で決断することから始めてみて

もしあなたが「自由に生きたい」と願うのであれば、

我慢をやめて努力をする

ことをおすすめします

 

理由は

  • 我慢は、「他人」が「自分」を支配することで
  • 努力は、「自分」で「自分」を律すること

だからです。

 

確かに自分で考えることや、自分で責任を取ることは、生易しくはありません。

我慢してでも、自分を犠牲に頑張ったほうが、楽っちゃ楽です。

 

けれど、我慢をつづけているかぎりは、誰かの支配を受け続けることになります。

自分の気持ちを犠牲に、「誰かのため」に頑張らないといけません。

 

 

もし自由に生きたいと願うなら、努力することを始めましょう。

  1. 自分の頭で考えて
  2. 自分で決断して
  3. 自分で行動して
  4. 自分で結果を受け入れる

 

 

自分の人生を、自分で責任を取る覚悟を持てば、

がむしゃらになることは自然とできるようになる

とボクは思っています

 

そんな努力する生き方が、ボクは「自分をを大切にする生き方」だと思いますよ。

 

 5 努力が嫌いな人は、「泥臭く闘っている自分」をイメージする

努力は、自分の実現したい目標に向かうものといっても、易しいものではありません。

結局やるべきことって、泥臭いことの積み重ねですから。

そんな人は

泥臭く闘っている自分

をイメージしてみてください

 

これは研究でも明らかになっていることですが、

  • 結果を出している自分をイメージするのではなく
  • 取り組んでいる最中の自分をイメージするとパフォーマンスが上がる

と言われています。

とむ
結果を出している自分をイメージしちゃうと、脳に快感が走って、満足しちゃうのよね

 

努力を続けて、結果を出している周りの人を見ても、

自分ができるようになったこと

に常に焦点をあてています

 

がむしゃらに闘っても、すぐに結果が出るとは限らない。

そんな結果を見て、落ち込んでしまうくらいなら、自分ができるようになったことにフォーカスをあててみよ!

ということです。

 

努力が嫌な人は

  1. 泥臭く取り組んでいる自分をイメージすること
  2. 自分ができるようになったことに注目すること

をやってみてください。

 

とむ
ボクもこのテクニックを使って頑張ってまする!

 

6 努力が嫌いでも、達成感を知ると努力が好きになる

自分の想いに愚直になり続けた先には

  • 達成感
  • 充実感
  • 誇り

が待っています

 

これらの喜びって、無類のものです。

単発的な快楽とは違って、持続的に心の充足を得られるものです。

 

 

 

 

がむしゃらに突っ走っている最中は、

「こんな苦しい思いをして、本当に結果なんて出るのかよ….」

と感じてしまいがちですが

 

めげずにやりましょ!

 

それが、自己犠牲の我慢じゃなく、自分を大切にする努力であるなら、頑張りましょ!

 

 

やり切れなくて、後から悔やむことはあっても、

がむしゃらに突っ走って後悔することなんて絶対ないから。

 

7 まとめ

ここでお伝えしたかったことは大きく次の5つ!

  1. 努力が嫌いな人は、「自己犠牲の我慢」と「自分を大切にする努力」を間違えているかもよ!
  2. 自分の人生に責任を取る覚悟を持つと、自然と努力はできる!
  3. 何かに耐えることをやめて、何かに向かう生き方をすると自由になれる
  4. がむしゃらに走ったことに後から悔やむことはない。
  5. 泥臭く取り組んでいる自分をイメージして、続けてみよ!

 

泥臭く、自分を大切に生きていきましょ!

ではっ!

旅の動画、更新しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!