大学で友達ができない?いない人が陥りがちな罠と、ポジティブな解決策。

もらとりペンギン
ボク大学で友達ができないんだぴゅい。どうすればいいか教えてほしいぴゅい。

 

大学で友達ができないという悩みを抱えている人は多いと思います。

実は僕もその一人でした。

けどそういう人に限って、むやみやたらにサークルに入ろうとしたり、講義で無理に話しかけてみたり、友達集めに躍起になって空回りしていないでしょうか。

もらとりペンギン
まあ当たってるぴゅい。けど、友達をつくりたいから友達を作ろうと努力することは当然だぴゅい。ぼっち飯はいやだぴゅい!

 

それを悪いと言っているわけではありません。

ただ、大学で友達ができない人は、一人でいることの劣等感に押しつぶされて、根本的に大切な考え方をはき違えている人が多いように思います。

この記事では、そんな人が陥っている罠と、その解決策を提案したいと思います。

もらとりペンギン
ふっ。ボクが間違っていると言いたいんだね。面白い、受けて立とう!

 

 

1 大学で友達ができない人が陥っている罠

友達を作ることを起点にしていないか?

もらとりペンギン
さあて、説明してもらおう。ボクが陥っている罠というものは一体なにかをね。

 

大学で友達ができない人は、友達を作ることを起点にしています。

これ、大学では通用しません。なぜならば、大学は小学校・中学校・高校の延長ではないからです。

 

もらとりペンギン
ふっ、君は何を言っているんだい?大学は延長ではないと!?ばかばかしい。大学は高校の延長にあるものなのだよ。

 

これ、結構錯覚している人が多いというか、多分ほとんどの大学生が錯覚していますが、大学はこれまでの小中高の延長にあるものではありません。全く異質です。

そして、その違いはクラスがあるかないかです。

つまり、これまでは1つの空間に強制的に集められることが当たり前でしたが、大学ではそれが無くなります。

それ故、友達づくりにおいて自由度が上がり、友達づくりに苦労してしまいます。

もらとりペンギン
つまり、”作られたコミュニティ”が無くなったから、これまでと同じように過ごしては友達ができないと…?確かにそうかもしれない。じゃあどうすればいいのさ?!

 

まず、友達づくりに翻弄されている人は、根本的に考え方を変える必要があります。

 

それは、友達づくりから一旦離れることです。

もらとりペンギン
き…貴様ァ、適当なことを言いやがって。友達づくりから一旦離れろだと?なぜだ?

 

それは、友達を作ることを起点にしてしまうと、それに囚われるあまり、自分を見失い、結果的に友達づくりが上手くいかなくなるからです。

けど、これは朗報です!
小中高では、友達に合わないと学校で肩身狭い思いをする羽目になりましたが、大学ではクラスの縛りがなく、価値観も途端に多様化します。
なので、自分軸を大切にしながら、その延長線上に友達をつくることが可能になるのです。

いいですか、大学で友達ができない人が陥っている罠の1つは、友達を作ることを起点にしていることです。
だから一旦、友達づくりから離れましょう。

自由度は高くなりますが、これまでの比じゃないくらいに、価値観の合う友達をつくることが可能になります。

 

2 大学で友達ができない人が取るべき行動は?

もらとりペンギン
なるほど。友達作りに翻弄されていた自分が愚かだったぴゅい。じゃあ、大学ではどうやったら価値観の合う友達が作れるの?

では、この考えをもとに具体的な方法を見ていきましょう!

 


①自分の趣味を極める

友達づくりを一旦置いておいて、自分の趣味を大事にしましょう。

結局、空っぽの上に友達をつくろうとするよりも、何かしらの土台の上に友達を作ることの方がずっと簡単です。

 

そして、やるからには極めるつもりでやりましょう。

極めれば極めた分だけ、周りから見てもあなたは魅力的な存在になっていきます。

同じギターが弾ける人でも、カバーで1曲しか弾けない人と、自分で何曲も作詞作曲している人とでは、印象が随分異なります。

趣味を極めていけば、必然的に友達はできていきますし、そんな友達もまた魅力的な人が集まってきます。

 

友達づくりで体力を消耗して、空虚な大学生活を送るよりも、何倍も有意義に過ごせますし、一生ものの宝になりますよ。

もし趣味が無い場合は、以下を参考にしながら、面白いと思ったことを始めてみてください。

大学4年間あれば何でもできます。

【趣味リスト】

  • 読書
  • 一眼レフ写真
  • 音楽(ギター、ウクレレ、その他楽器)
  • 料理
  • ダンス
  • スポーツ
  • 英語(中国語、スペイン語)
  • プログラミング
  • ブログを書く

 

ちなみに、物事を極めるためには1万時間必要とするといわれていますが、毎日8時間趣味に没頭すれば、3年と5カ月で極めることが出来る計算になります。

もらとりマム
趣味も深められて、それがきっかけで友達もできるなんて、一石二鳥ね。

 


 ②将来の目標を持つ

もらとりペンギン
ちょ待て!これ友達づくり関係あるの?

え?と思われたかもしれませんが、

そもそも大学は友達をつくるために行っているの?と逆にお聞きします。

それに、その答えにお応えしたとしても、友達はできます

 

夢や野望を持っている人、つまり可能性を秘めている人の方は、実績がある人よりも何倍も魅力的に映ることが研究でも分かっています

だから、夢とか野望を相手に分かりやすく自己開示すると、相手はあなたに好意的かつ友好的になります。
これは恋愛にも有効です。

 

夢とか野望がない?別に大きなことじゃなくてもいいんです。

小さなことからでも、自分が目指すものに一直線に進む姿は、周りの人の心を打ちます。そして、その過程で同志のような存在に巡り合っていきます。

【自己分析・自分探し】図解!原体験を探って自分のミッションを見つける方法。

 


③自分を理解する

1つ目の趣味、2つ目の自分の夢や目標もひっくるめて、自分がどんな人間であるのかを知ることは人間関係構築に大いに役立ちます。

なぜならば、自分を理解することが出来ない人は、相手のことも理解することが出来ないからです。

自分の価値観を理解している周囲の人を思い出してみてください。恐らく固い人間関係が築けているはずです。

 

自分がどんな人間か知ることで、初めて相手との共通項も理解できるようになります。

もらとりペンギン
とむさん、何となくポイントが分かってきたぴゅい。これらは全部、自分軸を確立するための行動ということだね?

 

最初に言った通り、大学はこれまでの小中高と異なり、自分軸を中心に友好関係を築いていけます。

これらの①、②、③の行動は自分軸を確立するために大いに役立ちます。

 

3 大学で友達ができない人はどんな風に人と接すればいいの?

もらとりペンギン
けど、とむさん、自分軸が大切なことは分かったけど、ボクは人とどうやって接すればいいのかっていう所に不安が残るんだ。小中高では、人と深い付き合いをしてこなかったから。

 

小中高で、深い付き合いをしてこなかったから、大学になってから人付き合いの仕方が分からずに苦労する人は大勢います。

そんな方は次のことを大切にしてみてください。


自分のことを嘘偽りなく、ありのままを語る。

これができれば、友達作りだけではなく、恋愛も上手く運んでいきます。

今、友達をつくりたいと切実に願っているかもしれませんが、その反面プライドが邪魔して不自然になっていませんか

もらとりペンギン
う….確かに。

 

自分のありのままを語れない限り、相手はあなたのことを信用できませんし、同じようにあなたも相手のことを信用できません。

 

人は、信頼している人にプライベートな話をするのではなく、

プライベートな話をしてしまった相手を信頼するからです。

 

だから、まずはあなたが自分自身、素直になれているか、自分に嘘をついていないか、気持ちを問いただしてみてください。

そして、きっと素敵な交友関係が築いていけるはずです。

 

4 大学で友達ができない人は、数よりも質を選ぶこと

最後に、友達をつくるマインドとして押さえておきたいのが、数に囚われず、将来付き合っていけるような質の良い友達を作ることです。

人生における交友関係は、間違いなく幸福度を左右します。しかし、それを言うのは量よりも質です。

もらとりマザー
これは言えてるわね。学生時代に友達がたくさんいるように見えた人でも、卒業後に付き合っていく人はほんのちょっとだけだったりするのよね。

 

結局、友達をつくりたいと躍起になって作っても、長期的な友好関係が築けるかというと、そうとも限りません。

もらとりペンギン
じゃあ、質の良い友達を作るためにはどうすればいいの?

 

質の良い友達を作る方法は、既にお話した通りです。

3つの行動で自分軸を確立して、1つの姿勢を大切にしてください。

【3つの行動】
自分の趣味を極める自分の夢や目標を持つ自分を理解する

【1つの姿勢】
①自分のことを嘘偽りなく、ありのままを語る。

 

自分軸を確立すると、友達は見つけに行くものではなく、集まってくるものだということが理解できると思います。

そして、自分が前に向かって走る中で併走してくれる友達は、一生ものの宝になります。

もらとりペンギン
よく分かったぴゅい。焦らず、自分のペースでやっていくぴゅい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!