夢なんてなくてもよくて、「自分」を生きれたらそれで十分

夢なんてなくてもよかった。

「自分」でさえいられれば。

 

ラオスの首都、ヴィエンチャンの町を早朝に散歩していて、ふとそんな感覚を味わった。

ボクは、これまでずっと夢やビジョンを語り続けてきた。

 

だけれど、夢やビジョンは

「おまけ」のようなものだったのだ。

 

「おまけ」はおまけだから、別になくても大丈夫なのだ。

もっと大事なことは

  • 今日この瞬間の自分が
  • いかに「自分」でいられているか

ほんとうに、これだけだと感じた。

 

 

1 夢なんてなくても、生きることそのものが尊い

夢がたとえなかったとしても

生きていること、そのものが尊い

 

ニートをしているときも、こう強く感じた。

学校体質になじめず、学校の先生をやめたとき、5年、10年と描いてきたビジョンが一気に崩れ去った。

 

ボクのビジョンは、「社会に適応して働く」ことを前提としていたから、

働けなくなった途端、これまで見えていた道が、急に暗闇の中におちていった。

 

部屋の中から見る外の景色は、心地悪いものだった。

これまでフツーのことだと思っていた「働くこと」すらできない自分。

 

「フツー」だと思っていたことは、フツーではなかったのだ。

 

あれから、10カ月がたった。

このブログでも書いていたのだけれど、ニートの後は車上生活をしながらフリーターをした。

そして、貯めたお金の一部をつかって、東南アジアを一周することにした。

 

  • 嬉しいときは、大声で喜んで
  • 悲しいときは、しっかりと泣いて
  • 苦しいときには、死にそうな顔をして
  • ムカついたときには、罵声を放った。

 

自分の気持ちをしっかりと全身で感じとる。

そして、今日を生きる。

 

そんな風に生きてたら

『なんだ、これだけでよかったんじゃん』

って思えてきた。

 

「子供たちのため」みたいに躍起にならなくても、

「世界一周しながらカウンセリング」みたいに見栄はらなくてもいいのだと。

 

夢なんてなくても、生きることそのものが尊いのだと。

 

2 夢なんてただのおまけ。働くこともおまけ。

今では

夢なんてただの「おまけ」

だと思っている

 

持てる人は持ったらいいのだけれど、たとえ持てなかったとしてもオッケー。

 

夢がないからといってあせる必要はないし。

夢を無理に作ろうと躍起になる必要もない。

 

自分が自分として存在することそのものが尊いのだから。

 

そしてもう1つ。

働くことも「おまけ」

だとボクは思う

 

「生きることそのものが尊い」

そんな感覚が腑に落ちてから、働くことも「おまけ」でしかなくなった。

 

これまで、ボクにとって「働く」ことは自己実現の1つの手段だった。

このブログでも過去にそう書いてきたし、いまもそれを否定するつもりはない。

 

ただ不思議なことに、働いていない状態の今、すごく自分が理想に近づいている感覚があるのだ。

 

もしかしたら、

「働くこと」は、「不可避」というお面をかぶった1つの選択肢にすぎなくて、

「働かないこと」のさきにも、自己実現の道はあるのかもしれない。

そんな風に思えてきた。

 

けっきょく、「働く」「働かない」の見かけの問題じゃなくて、

  • 自分の気持ちをいかに感じ取れてるか
  • 自分をいかに大切にできているか

が肝なんだと思う。

 

3 「夢なんてない」と嘆きたくなったら

「夢なんてない」と嘆きたくなった時には

『自分は本当はどうしたいのか』

を問うてみることです

 

世の中には、2種類の人間がいるといいます。

  1. ビジョン型
  2. 価値観型

 

未来のなにかを実現する生き方でないと、幸せになれないということはなく、

目の前の1日を幸せに生きる、価値観型の選択肢もあるということです。

 

タイのバンコクで出会った屋台のおっちゃん。

 

毎日屋台に立ち、お客さんから注文を聞き、料理をふるまう。

お客をみては、気さくに会話し、なごんで、笑いあう。

 

彼はこの生活を40年続けているといいました。

しかも、睡眠はわずか3時間ほどで、ほとんど仕事をしているのだとか。

 

毎朝起きては、同じように生活している。

だけど、彼はすごく幸せそうでした。

 

世の中のある場所からは、

  • 「夢を持て」
  • 「目標をかかげろ」

なんてメッセージをうけとることもありますが、それは1つの型にすぎません。

 

「まあそういう生き方もあるよね」くらいで適当に流して、自分の価値観に生きてみる。

 

  • 「自分」が歓ぶ1日
  • 「自分」を大切にできる1日

⇒そんな毎日を生きてたら、日々は充実感であふれていく。

 

充実感を心地よく味わいながら、眠りに落ちて

静かな目覚めともに、気持ちよく一日を始める。

 

そんな人生も悪くないんじゃないかな。


最後に、タイの屋台のおっちゃんが登場する動画を紹介。

といっても、登場シーンは、わずか5秒くらいなんだけど(笑)

約4分の短い動画なので、よかったら見てね!

2019.12.5 旅の動画更新!

もし動画がいいなと思ったら、チャンネル登録よろしくお願いします!

そしたらいつか、そんな美しい貴方様と私が、実に繋がれる日が来るかもしれません(^^)

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!