夢を語り合うと夢追い体質に変わる?夢を実現したければ夢を語れ!

とむです、誰かと夢を語り合う時間が大好きです。

 

夢を語り合うってこの上なく、”贅沢な会話”“贅沢な時間”とボクは思います。

そんな贅沢な会話を毎日ずっと続けていると、いつしか“夢追い体質”に変わっていきます。

 

自分の意識のフォーカスが「夢」に常に当たることになるので、

毎日の行動が、夢を前提とするものに変わっていくからです。

 

だから、夢を語り合うことを続けていると、いつかその夢は本当に実現すると僕は思っています。

 

もし今、夢を語り合うことをしているのであれば、ぜひ続けてください!

夢を語り合う場がなければ、ぜひ作りましょう!

 

 

1 夢を語り合うことは恥ずかしいことではない

夢を語り合うことって

  • 恥ずかしいとか
  • 浮世離れしてる

っていう空気感がどこかにありますよね。

 

 

全然恥ずかしいことじゃなぁぁぁぁぁい!!

 

 

そんな空気に飲まれて夢を語れないのだとしたら、本当にもったいないことです。

 

 

今の日本は

  • 夢を追っかけて、自己実現に生きようとする人
  • 夢は夢だと割り切って、現実に足をつけて生きようとする人

の2つに分断されてますよね。

 

 

恥ずかしいという空気を作っているのは、もちろん後者の人たち。

 

 

どちらが正解だ、というつもりはありませんが、

今は昭和と比べて

個人が自己実現のハードルが下がった時代である

ことだけは確かです

 

 

その理由は

  1. 才能が発掘される:(例)歌い手を目指すために路上ライブしていたのが、今ではSNSで大多数に発信できる
  2. 価値の多様化:(例)フィギュアスケートの羽生結弦さんのファンの人が、羽生結弦さんの本を出して、それで食っている

 

 

もし今あなたの内側に、何か実現したい想いがあるのに、それを言葉にできる環境にいないのだとしたら

  1. そこから離れるか
  2. 夢を語り合うことができる場を持つ

ことをおすすめします。

 

 

夢を語り合うことは、まったく恥ずかしいことではないし、夢を語り合うことが大好きな人たちも、世の中にはたくさんいます。

間違っても、あなたの夢の邪魔をしようとする「ドリームキラー」に消耗してしまって、自分で可能性を閉ざしてしまうことだけはないように!

 

2 夢を語り合うとできる気がしてくる

どうして夢を語ったほうがいいかというと

人は自分が言葉にしていることを

自分ができること

と錯覚するからです

 

 

人は普段、無意識のうちに「自分には無理だ。」と自分に制限をかけています。

認知行動療法の言葉でいう、中核信念というやつですね。

 

 

人は、「上手くやっている自分」がイメージできることにしか、挑戦しようとしないイキモノで、

「面白そう!」と心のどこかで思ったことも、「自分には無理」と思ってしまうと、それを実現するために動き出すことはしません。

 

とむ
ちなみに、この「自分には無理」はただの思い込みだよ!詳しくはこの記事を読んでね

 

 

夢を語り合うことの何がいいかというと

  • 最初は「自分には無理」だと思っていたことも
  • 語っているうちに「自分でもできそう!」と感じてくる

ことです。

 

 

これ本当です!

 

 

もとから、この「自分には無理」には何の根拠もない思い込みなので、言葉にすると根拠もなくできる気持ちになるのです。

 

 

逆に「ドリームキラー」のように夢を語らせてくれない環境にいると「本当に自分にもできるのかな~」とますます不安になってしまうことがあります。

 

これは

「夢を語らない」という行動と、「夢を語れない」環境(世界)が

「夢は遠く実現できないもの」という信念を強化してしまう

からです。

 

 

夢を語らせてくれない環境で、自分の可能性を制限してしまうよりも、夢を語り合える環境で、自分の可能性を伸ばしたほうが、自分を大切にできますよね。

 

 

まとめると、「夢をどんどん語り合える環境に身をおこう!」ということです。

 

3 夢を語り合うことは情熱のシェア

夢を語り合うことの良さは、

お互いにエンパワー(勇気づけ)できる

ということです

 

夢って100%、困難がつきまいます。

困難がなかったら、既に実現してしまっているはずですから。

 

だから、実現しようとすると、心が折れそうになることもあるのですが、夢を語り合うと

  • 自分の想いを再確認できて
  • もう一度頑張ろう

と、失われかけていた情熱を取り戻すことができます。

 

 

つまり、夢を語り合うことで情熱をシェアしているということです。

いや…..厳密には、「情熱を生産している」ですね。

 

 

夢を語り合うことで、片方の情熱が減ってしまうことはなくて、むしろ2人の情熱の総量は上がりますから。

 

 

夢を実現している人って

  • 最初から最後まで夢を1人で実現した人は、本当にわずかで
  • 常に「夢」に近い人と夢を語り合っている

ように思います。

 

 

まとめると、「夢を語り合うことにはいいことしかない!」ということです。

 

4 夢を語り合うことに「遅い」はない

夢を語り合うっていうと、若さの特権のように思うかもしれませんが、

夢を語り合うことに

「もう遅い」はない

と思ってます

 

 

「夢は夢だと割り切って、現実に足をつけて生きようとする人」の言い分のもう1つは、恐らくこれですよね。

 

  • 「自分はもう20代半ばだし…」
  • 「自分はもう30代だし…」
  • 「自分はもう40代だし…」
  • 「自分はもう…….(以下略)」

 

 

もし、今のあなたがそんな風に感じているのであれば(感じていなくても)この動画みてください!!

これはスーザン・ボイルが、一躍有名になったアメリカのゴッドタレントの番組です。

 

どうでした?

鳥肌立ちませんでした?(笑)

 

 

スーザンボイルは、当時47歳でしたが、プロ歌手になるという夢を言葉にし続けてきました

そして、勇気を振り絞って、オーディションに応募して夢をつかみ取ったのです。

 

 

なんだか、ものすごく力もらいませんでしたか?(笑)

 

彼女を見ていると

「夢を語ることには、自分はもう遅すぎる」なんて言えない

ですよね

 

 

今身の回りの人が、あなたの想いを嘲笑するような人だとしても、夢を語り続けましょう。

 

 

あなたの夢を理解して、応援してくれる人は必ずいます。

 

5 夢を語り合う友達は一生もの

もし今、夢を語り合う友達がいるのなら、大事にしましょ!

夢を語り合える友達って一生もの

だと思うのです。

 

『夢を語り合う=各々が自分の夢に向かって突き進む=人生を長期的に併走する』

が成り立つので、必然と一生ものの友達になります。

 

それに、先ほど書いたように、夢を語り合うと情熱の総量も増えていきますよね。

毎日夢を語れば、情熱がどんどん高まっていく……つまり

 

夢を語り合う友達を持つことは、人生を格段に豊かにすると言えそうです。

 

6 夢を語り合う友達をつくるために

色んな場に出かけることは1つの手ですが、

夢を語り合う友達をつくる基本的なことは

夢を自分から語ってみること

だと思います

 

実は、言えないだけで誰しも『自分の想い』は抱えています。

ボクはこれまで、「自分の人生」について真剣に考えていない人は見たことがないからです。

 

 

一見、チャランポランに見える人でも、話していくと

  • 自分の生き方に悩み
  • 自分の生き方を模索し
  • 精一杯自分を生きようとしている

人ばかりです。

 

 

だから自分から「想い」を思い切って話してみてください!

まだ「夢」が形になってなくてもいいです。

 

 

大事なのは、自分の「想い」を言葉にしようとする習慣を持つことで、

自分を大切にできる体質になることですから。

 

7 夢を「自分」と語り合う

もしすぐに誰かと夢を語り合うことが難しそうであれば

自分と夢を語り合ってみてください

 

自分と語るとは…….そう….

 

書くことです(笑)

 

僕自身、書くことにものすごく恩恵を受けた人間なので

ブログを通じて一貫して「書くこと」をおすすめしています。

 

  1. 文字にして
  2. 身体から紙に気持ちを切り離すと
  3. 自分を客観的にみれます

 

つまり、『1人にして2人で話す時に近い効果が得られる、1人の時に1人でできる最強の方法』ということです(笑)

 

 

8 まとめ

ここでお伝えしたかったことは、次の3つです。

  1. 夢を語り合うと、『できないと思ってた』ことも『できる』と感じるようになるよ!
  2. 『夢』がまだ形になってなくても、どんどん語って大丈夫だよ!
  3. 友達と夢を語り合うことが難しかったら、まずは「自分」と語り合ってみて!

 

つい先日、僕も新しい目標ができました!

興味のある人はどうぞ。

 

 

またよければ、「コメント欄」や「お問い合わせ」であなたの想いも聞かせてください。

誰かに読んでもらうだけでも、夢へのコミットメントは高まりますよ!

 

ではっ!

旅の動画、更新しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!