罪を償うということ。私は罪を償いながら生きていく。

山梨県 富士吉田市のマクドナルドにいる。

山梨県小淵沢の駅で朝を迎え、5時間かけて原付でここまできた。

 

「どうして旅を続けるのか。」

そんなことを、これまで出会ってきた人に問われては、答えが分からず、ずっと自分自身に問い続けてきた。

 

今日、なんとなくその答えが分かった気がする。

ボクが旅をしているのは

『自分の犯してきた罪を償うため』なんだって。

 

 

1 罪を償う気持ち

20日前から旅をしている。

スーパーカブという原付に、テントと寝袋、ガスコンロと鍋、最低限の着替えを持って、日本のあちこちを巡っている。

 

人をめぐりながら、これまで自分が伝えられていないままだった「何か」を、1つずつ1つずつ、「心の言葉」にして渡している。

  • 高校時代のテニス部のパートナー
  • 深い付き合いをしていたのに疎遠になってしまった女性
  • 辞めたあと音信不通になっていた大学のゼミの先輩
  • ずっとお世話してくれていた先輩
  • 同じ職場で出会ってくれた人達

 

こうして言葉を紡いでいると、不器用だったボクの心が伝えたかったことは、3つしかないことに気づいた。

1つ目が、ごめん。

2つ目が、ありがとう。

3つ目が、これからも一緒にいてほしい。

 

ごめん….?

初めてこの心の声気づいたときは、自分でもちょっと驚いた。

 

けれどすぐに、「ああ、自分の今までの旅は、罪を償うためのものだったんだな」って腑に落ちた。

  • 傲慢に生きていた自分を罪深く思っているのだな
  • 人を見下し、人の心を踏みにじってきた自分を恥じているのだな
  • 自分の罪を告白して、償いたいだけなのだな

って。

 

 

自分が弱い人間だったと知れた今だからこそ、傲慢だった自分を恥に思える。

ボクは、人をめぐりながら赦しを請いて、自分を赦してやりたいのだ。

そして本当の人間になれたとき、人と手を取り合いながら、前に進みたいのだって。

 

2 罪を償うことの懺悔

ボクはいま、素っ裸に近い状態で生きている。

家を手放して、テントで寝袋生活をしている。

持っていた車は手放して、原付で移動している。

定職もないから、安定した収入もないし、社会的な地位もない。

 

必要最低限の食っていくだけのお金をもって、最低限の飯をつくり、

本当はよろしくないかもしれないけれど、川の水で洗濯もする。(洗剤はもちろん使わない)

 

雨に打たれながら、原付でバイパスを時速30kmで走る。

手袋はぬれて、寒さで指先の感覚はなくなって、身体は芯まで冷え切る。

 

真横を大きなトラックが倍以上のスピードで通過し、たまに縁石と挟まれそうになる。

その度に「うおおおおおおおお!」と恐怖にも悲しみになる前の、命の雄たけびを上げる。

 

修行しているみたいだね、と出会う人は言うけれど、

これは「修行」ではなく「懺悔」だ。

 

傲慢に生きた自分を恥じ、悔い改めたい。

仕事をやめて、自分の弱さが明らかになった今のボクにとって、それが己を貫く美しい生き方なのだ。

 

ありがたいことに、この旅を始めてから出会う人は、みな心優しく出迎えてくれる。

寝床を与えてくれる。美味しい料理を振る舞ってくれる。

お風呂に入れてくれる。洗濯を一緒にしてくれる。

「明日の朝ごはんに」って食べ物を分け与えてくれる。

 

ボクは最近、他人から頂いたモノを口にすると涙がこぼれる回数が増えた。

これは、

  • 自分は「生きてる」のではなく「生かされてるんだ」って傲慢さがとけているから
  • その度に「罪を少し償えた」って感動しているから

なんだって思う。

 

 

ボクは人の優しさがなければ、とっくに死んでいると思う。

 

幸運なことに、世の中には優しい人がたくさんいるから、想像なんてできないのだけれど、きっとそう。

さりげない小さな優しさって、なかなか気づけなかったのだけれど、それもきっと傲慢だったのだと思う。

 

最近、嬉しい言葉がたくさん届く。

「ブログもYoutubeも見てるよー」とか「応援してるよー」とか「大好きー」とか。

 

仕事をやめてから、色んなモノが減っていって、気づいたら生身の小さな人間になってしまっていたのだけれど、

これで良かったって今は思えてる。

 

自分のことを「人間らしい」って思える。

人との繋がりを強く感じられる。

生き辛さはあるけれど、そんな自分を誇りに思える。

 

3 罪を償うことの終わり

旅をしながら、「旅には終わりがないんだ」って思う。

 

ここ最近、派遣で働いていた山梨のホテルの洗い場で、

ずっと一緒だった、4,50代くらいの男性がいる。

 

彼は言葉を発することは少なかったけれど、

思いやりがあって、人を叱る愛があって、仕事を真摯にこなす人だった。

 

そんな彼を初めてみたとき、何かボクと同じようなものを感じた。

『ああ、この人は、何かを償いながら生きている。1年やそっとじゃなくて、何年も何年も何年もずっと。』

 

そんな彼に、最終出勤日の帰り際に、思いきって話しかけてみた。

「Mさんと一緒に働けて嬉しかったです。」って。

 

そしたら彼は、これまでの人生で見たこともないような、優しい笑顔で返してくれた。

 

言葉で表現するのは、ちょっと難しいのだけれど、

  • 部屋全体まるごと愛で包まれるような
  • 「お前は大丈夫だ」って過去も未来もすべてが肯定されるような

俗世間にあるものとは別種の、優しい優しい笑顔だった。

 

その時は、ブワァ~と胸が温かくなっただけなんだけど、時間を置いた今、改めてその時のことを思い出すと、なんだか泣けてくるのね。

『ああ、彼はずっと罪を償ってきたんだな』って。

『もう十分だよ』と言いたいけれど、彼は罪を放り出すことをせず、

死ぬまで自分の「生」と向き合い続けるつもりなんだって。

 

生きている限り、人は罪を犯し続ける。

欲が大きくなれば、人も自然も傷つけてしまう。

 

物事が上手くいって調子に乗れば、傲慢になって人を見下してしまう。

次第に、小さな歓びを、歓びと感じられなくなって、刺激的な快楽に身を投じてしまう。

 

ボクが旅をつづけるのは、彼のように「人間らしい人間」として生きたいからだと思う。

恥を恥だと認め、罪を放り出すことなく、心に忠実に生きたいのだと思う。

 

それが、『弱い人間なりの強さだ』って思うの。

 

結局ボクはどんな想いを綴りたかったのだろう。

うん、多分これ。

 

…..「弱い人間なりに、強く生きよう」

 

 

これまで出会ってくれた人、いつもブログを読んでくれている人、改めてありがとう。

そして本当に、ごめんなさい。

そして本当に、ありがとう。

そして本当に、これからもよろしくお願いします。

 


旅は、まだまだ続きます。日本中をグルグル回る予定です。

もし、こんなボクと会ってくださるという方がいらしたら、ぜひメッセージください。

原付での移動なので、お時間はかかるかもしれませんが、きっとお伺いいたします。

2019.11.5 旅の動画更新!

もし動画がいいなと思ったら、チャンネル登録よろしくお願いします!

貴方様のそんな優しいお気持ちが、私の励みになっています(^^)

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!