新卒4カ月で仕事辞めた!優先すべきは自分を大切にできているか

こんにちは、とむです!

新卒4カ月で、仕事をやめました!

 

前職は、教員です。

 

後半の2カ月は、病休で休みを取っていたので、働いていたのは実質、2カ月間だけです。

2カ月間だけでも、ボクにとっては1年分働いたくらい濃厚なものでした。

 

とむ
おなかいっぱい

 

ここでは、”仕事をやめたいのだけれど、新卒だし辞めてもどうするか不安”な人に向けて

ボクが新卒で仕事をやめてどんな生活を送っているか

お伝えしようと思います

とむ
少しでも不安を和らげることができたら幸いです!

 

 

1 新卒で仕事を辞めた理由を一言で言うと、大変だったから

「新卒で仕事をやめた!」というと、会う人に「何でやめたの?」って聞かれます。

一言で言うと、「大変だったから」です。

  1. 露呈する自分の未熟さ
  2. 過剰労働による慢性的な睡眠不足
  3. 愛情の枯渇(生徒のことを考えられなくなる)
  4. 情熱の空回り

 

ざっと理由をあげるとこんな感じです。

 

自分の身体がボロボロのまま続けて

自分が消耗→生徒も消耗

なんてことが起きてしまえば、自分が何のために働いているのか分からなくなる。

 

結果、思い切ってやめることにしました。

 

とむ
ようするに、ボクの力不足だね

 

2 新卒で仕事を辞めることは逃げなのか?

世間には

  • 「逃げること」を恥とし
  • 「忍耐すること」を美徳とする

風潮があります

 

新卒で仕事をやめることは、「逃げ」なのでしょうか?

ボクも仕事をやめるとき、周りの人から「逃げ」と言われたことがありました。

 

けどね…

逃げることはべつに悪いことじゃない。

 

それよりも

自分を大切にしない生き方の方がよっぽど問題

だとボクは思います

 

本当はやめたいのに

  • 辞めてしまったら、社会的な立場が弱くなるのではないか
  • 周りから「逃げ」だと思われるのではないか
  • 自分が辞めたら、周りが苦労するから….

といった不安に苛まれて、中々やめれない人は多いと思う。

 

 

心が疲弊して、結果的に立ち上がれなくなるくらいまで消耗してしまう人もいる。

 

 

けどそれは、自分の命に対して無責任なんじゃないかとボクは思う。

周りがどう思うかを気にする前に、自分の命に責任を持つ生き方をするべきではないだろうか。

 

 

自分を大切にできない生き方は、自分に対して失礼だし無責任だ。

 

3 新卒で仕事をやめた後どうする?

新卒で仕事をやめた後は

『第二新卒を利用して、転職活動をする』

という選択肢が一般的でしょう。

 

ボクも考えましたが….

実は転職活動していません(笑)

 

ボクは新卒で仕事をやめた後

  1. ブログを本格的に始める
  2. ニートをする
  3. ブログをさらに頑張る
  4. フリーターをする(←今ここ)

 

こんな感じの経緯をたどって、お金がたまったら

  1. 世界一周をする(2019)
  2. 認知行動療法士になる
  3. サドベリースクールの教育に携わる

予定でいます。

 

組織の中で働いてみて、窮屈すぎる環境に嫌気がさしたので、自由に生きる道を模索しています。

今は気楽に楽しくやってます。

 

とむ
ちなみに仕事をやめたときは、先のことは全然見えていませんでした。流れに身をまかせるつもりでいました

 

4 新卒で仕事をやめても、やりたくなったらまた戻ればいい

「一度辞めたら、もう戻れない」って考えている人もいるかもしれませんが、

またやりたくなったら戻ればいい

ってボクは思います

 

まだ20代の前半ですよね?

60まで働けるんです。

 

一度離脱しても、やりたくなったらまた戻ればいいのではないでしょうか。

 

別に会社は1つじゃない。

星の数だけある。

 

ボクも一度は、教育から離れましたが、また時が来たら戻るつもりでいますよ。

 

学校で感じた

  • 恐怖政治を利用した抑えつけの教育
  • 先生と子供が非対等である教育
  • 一斉カリキュラム
  • 教員の同調圧力からくる教員の非多様性
  • 徹底した管理主義

なんかには、やっぱり違和感を感じますから。

 

とむ
いちど身を引いて、再び準備ができたらいけばいいんじゃないかな

 

5 新卒で仕事をやめても、0にはならない

新卒で仕事をやめるにしても

何らかの収穫

はあるはずです

 

辞めることって、これまで積み重ねたものが、0になることじゃないです。

短い期間の経験でも、次につながる何かがあるはずです。

 

それを見つけられたとき、「辞めること」が

後ろに下がるものではなく、前に進むもの

になります

 

ボクも学校に入ってみて

  • 自分の適性
  • 自分のやりたい教育

が改めてよくわかりました。

これは大きな収穫です。

 

「子供が好奇心のままに自由に学べる場」

これがボクにとってのキーワードでした。

 

そんな気づきが得られたから

「サドベリースクール」で働く

という次の目印を見つけられました。

 

新卒で仕事をやめたとしても、それで0になるなんてことはありません。

次につながる何かがあります。

 

それに気づけたとき、前向きに仕事をやめられるかもしれませんね。

 

6 新卒で仕事をやめて旅に行くのも面白い

「新卒で仕事をやめたら、すぐに次の仕事!」なんて考えるのが日本人。

簡単に言うと、空白の期間を持つことを是としないのが、今の日本ですよね。

 

ちょっとくらい休めば?

 

…..ってボクは思います。

 

自分も回復しきらないまま、せっかちに次の仕事をする必要ってあるのでしょうか。

どうせなら、少し「間」をつくるのもありなのではないんでしょうか?

 

 

だから、旅に出てみてはどうでしょう?

 

 

旅はいいですよ。

 

旅に行くと、「世界の広さ」を感じられます。

新しい生き方を見つけられます。

新しく生きていく場所が見つかります。

自分の可能性が広がります。

 

  1. 世界の広さを知らないまま、狭い世界で次の仕事を見つけるのと
  2. 世界を広さを知ったうえで、自分にあった仕事を見つけるのでは

次の仕事の充実度も変わってきます。

 

 

ボクも海外に旅に行く予定ですよ!

 

20代のうちに

  • 地球の裏側はどんな顔をしているのか
  • アフリカの民族はどんな物を食べながら生活をしてるのか
  • 東南アジアの子供たちは何を生きがいにしているのか

自分の肌で確かめたいことはたくさんあります。

 

7 新卒で仕事をやめても、人生詰まないから大丈夫

ボクはこの記事を書いている今、新卒で仕事をやめて半年が経ちました。

今のボクが、仕事をやめることに不安を抱えている自分に伝えられることは

仕事をやめても人生詰まないから大丈夫

ということ

 

確かに、あのまま仕事を続けていたら、それはそれで良い結果になっていたのかもしれない。

けど、仕事をやめたからこそ見えるものも本当にたくさんあります。

 

だから、「自分を大切に生きればいいよ」と言いたい。

「今」の自分を大切にし続ければ、自己実現に生きられるからね。

 

そんな感じ!

ではっ!

2019.11.17 旅の動画更新!

もし動画がいいなと思ったら、チャンネル登録よろしくお願いします!

貴方様のそんな優しいお気持ちが、私の励みになっています(^^)

↓↓↓

6 件のコメント

  • うどんさん、コメントありがとうございます!
    嬉しいです!
    世界一周に自分の個性を乗っけたら面白そうですね。
    また自分にあった旅を考えます!

  • ハピペンさん!懐かしいお名前が…!
    コメントありがとうございます!
    hatenaから読んでくださっていたなんて光栄です!
    色々とあって、教員辞めてしまいましたが、楽しく生きていきます(笑)
    ぜひ会いましょう!新しい繋がりに感謝です^^

  • 初めまして。
    私も去年新卒で入社した会社を体調を崩し半年足らずで辞めました。教育のみならず、地方の会社などはまだまだ良くも悪くも古い価値観が根強いのかもしれません、、
    今はいずれしようと思っていましたが、今のタイミングかもしれないと思いヨガの勉強をしています!身近に同じような境遇の人がいなかったので同じように頑張っている人がいる!ととても勇気づけられました!また、とても共感する部分が多くコメントさせていただきました!応援しています^^ 長々と失礼しました。

  • 雪だるまさん
    初めまして。コメントありがとうございます!嬉しいです。
    辞めることも覚悟がいることなので、相当大きな壁を越えられたんだな~とこの記事を書いたころを思い出しながら感じました。

    ヨガの勉強!!!素敵ですね。
    身体をケアする術を身に着けるのは、自分を大切にすること。有意義な時間をお過ごしのことと存じます^^

    ボクもこうして、コメントを通じて、同じ境遇の誰かが同じ地球上のどこかで「自分」を大切に生きていることを知れてとても励みになります!

    ぜひまた、ブログにいらしてくださいね。
    ここは、ボクが自分を大切に生きる場であると同時に、読者の方々も自分を大切に生きるきっかけとなる場です。

    こうして、雪だるまさんに巡り合えたことに感謝です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!