「世界を旅しながら認知行動療法をしたい」というボクの想い(日記)

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

直接ブログに来てくれる人も増えてきているようで、本当に励みになっています。

 

「継続ウォッチしてくれている」

ということは少なからず僕に興味を持ってくれているのかなということで、

 

僕自身これからの人生をどう生きていくかを書きました。

本当に、ただの日記です。

 

愛情が枯渇して、学校の先生をやめて(新卒4カ月、学校の先生を辞めることにした。

改めて、自分の想いを再確認して(世界中の愛が繋がる世界がみたいんじゃ!

車上生活しながら、ブログを書いて(車上生活を2カ月してみた!こんなんでも生きていける。内装も紹介

 

 

自分の想いが研ぎ澄まされるようにわかってきました。

 

 

早いもので、学校の先生をやめてもう半年が経とうしていますが、

いまだに、生徒の顔がよく夢に出てきます。

 

 

多分、それだけ僕の中には

やり残したこと

がまだまだあるのだなと、朝起きていつも思います。

 

 

やっぱり、最終的に僕が帰着するところは「教育・心理」の分野かなと思うのですが、

その前に「やりたいこと」がまた1つ明確になったので、これに向かって走ろうかなと思います。

 

1 認知行動療法を使ってカウンセリングをしながら、世界中を旅したい。

「認知行動療法を使いながら、世界を旅したい。」

というのが、今の僕のやりたいことです。

 

旅先で出会う人々や、路上なんかで、出身国、性別、信条にかかわることなく、誰に対してもカウンセリングをしていく。

カウンセリングっていう言い方、上から目線であんまり好きじゃないかな…

 

対等な立場の一人の人間として、「対話」をする

といった方が、しっくりきます。

 

ここに隠れた想いは、世界中の人の悩みを解決して、笑顔あふれる世界にしたい……

なんて崇高なものじゃなくて、

 

世界中の人の内側の世界を探求したい

というのが本音です。

 

 

「世界一周をしたい」っていう想いは

  • 地球のはてがどんな姿なのかよりも
  • 地球のはてに住む人の心はどんなものなのか

というほうが正確だったんだなあと、改めてしっくりきます。

 

2 実はみんな同じことで悩んでいる

これは仮説なんですけど、国外の人であろうと、みんな悩んでることって同じだと思うんですよね。

 

みんな、自分の人生を幸せにするために

  • 毎日必死に考えて
  • 毎日必死に働いて
  • たまに、本当にこれでいいのだろうか?って立ち止まって
  • そして納得して、また歩き出して
  • 歩き出したら、また石につまづいて転んで
  • それでもまた立ち上がって

そして、今日もまた生きる。

 

誰一人異なることなく、自分の人生を幸せにするために、毎日必死に生きてる。

どこにいようと。

 

けど、人って自分のことしかわからないから、

地球上に70億人存在していようと、「自分だけが辛い」って錯覚してしまいます。(自分だけ不幸。自分だけ辛い。と感じてしまうあなたは1人じゃない

 

自分と他人との間に境界線ができて、1つだったはずの「愛」が分裂してしまいます。

 

人って、生きるときも死ぬときも「孤独」って言われますが、

本当の意味での孤独って、「愛」が分断されてしまったときだと思うんですよね。

 

3 自分だけじゃないことを知ると励みになる

もちろん、旅中での対話の様子はここのブログで発信していこうと思います。

 

「ああ、人生に立ち向かってるのは、自分だけじゃないんだ」

って知るだけでも、人って頑張れるから。

 

自分だけって思ってしまうと、視野が狭くなって、反芻思考におちいりがちになるんだけど、

「国外のとある小さな部族にいる子供が抱えている悩み」なんて聞いてたら、必然と視野も開けていくんじゃないかなって僕は思います。

 

4 といっても、僕にはまだ力がありません

と、こんな想いを言葉にしてみてはいるのですが、まだ僕には認知行動療法の技術がありません。

BOOKOFFで見つけた、10cmくらいあって、5000円くらいする分厚い専門書は読了したものの、まだまだ独学の領域。

 

このブログを通しても、お問い合わせでお悩みの相談を受けることがありましたが、自分の専門性の未熟さゆえ、もどかしさを感じる部分も多々ありました。

だから、まずは認知行動療法の専門性を高めることから、始めていかなければと感じています。

 

先日、25の誕生日を迎えました。

独学した分の心理学の知識はあれど、実戦経験はありませんしし、資格もないので、ほぼ0からのスタートです。

 

けど、自分の想いに素直になることに遅すぎることはないと思っています。

何歳になろうと、焦る必要はまったくなくて、自分の素直な思いが浮上してきたとき、ゆっくり始めればいいのかなって思います。

 

5 いつも読んでくれてありがとう

僕が今感じていることと、これからやっていこうと思っていることはこんな感じ。

 

このブログも

  • ここに来たら、心が温まる
  • ここに来たら、頑張れる

そんなパワースポットみたいな場所にしていけたらな~と思っています。

 

僕自身、定職にもつかず、宙ぶらりんな状態ですが、これからもブログの更新頑張っていきます。

そして読んでもらうからには、何かしらの力を与えられるような記事を頑張って書いていきます。

 

いつも読んでくれて本当に、励みになっています。

どうぞこれからも、「もらとりずむ」をよろしくお願いします。

 

ではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!