過去の自分が嫌いな人でも未来の自分を好きになれる理由と方法

もらとり
番長
過去の自分が嫌いだ。どうしてあの時、あんなことをしてしまったんだ…
もらとり子
過去の自分が憎い。どうしてあの時、もっとこうしなかったんだろう…

 

過去の自分にずっととらわれたままだと、今を生きることが苦しくなります。

「子供のころから自分はずっと人に愛されなかったのだから、今も人に愛されることはない」

と捉えてしまえば、人と深い関係になることにブレーキがかかります。

その結果、友人との関係がうまくいかなかったり、いつまでも恋人ができないことにつながってしまうのです。

 

けど、過去の自分が嫌いでも大丈夫。

過去にどんな自分がいようと、未来の自分は変えられる。

 

これは、決してきれいごとではありません。

過去をずるずると引きずってしまうのは、感情を清算できていないだけだからです。

 

また、『過去のマイナス体験』というのは『未来のプラス体験』を生む材料にもなります。

過去の自分が嫌いな人ほど、「未来にどんな自分でいたら好きになれるか」がはっきりしているといえますから!

 

やるべきことは3つ!

  1. 「過去の嫌いだった自分」を材料に、「未来に好きになれる自分」を描く
  2. 過去の自分の真意をくみ取る
  3. 過去の自分が負った傷を癒す

 

ブログ内でも、ずっと自己開示していますが、ボク自身も過去の自分があまり好きではありませんでした。

自分の意志も持たなければ、常に人の目を気にして生きる20年間でしたから。

ただ、そんな”自分のない人生”があったからこそ、”自分のある人生”を大切に味わえるようになったのです。

もらとり
番長
過去の嫌いだった自分を材料に、未来に好きなれる自分を描いたんだな

 

1 過去の自分が嫌いな人ほど、好きな自分像がはっきりしてる

過去の自分が嫌い…というと、一見マイナスに聞こえますが、

過去のネガティブな面は、未来をよりよく生きるための材料になるんですよ!

 

過去にダメな自分が存在しているということは、『どんな自分にはなりたくないか』が明確になっているということです。

これは、『どんな自分が好きか』『どんな自分になりたいか』も明るみにでてきたことを意味します。

 

過去のマイナス体験というのは、未来のプラス体験をつくる材料になりうるということですね。

  • 過去の自分は、自分の意見がまったくなくて、人に流されてばかりだった。だから未来の自分は、『軸のある自分』になろう!
  • 過去の自分は、挑戦をまったくしてこなかった。だから未来の自分は『挑戦する自分』になろう!
  • 過去の自分は、人を大切にしてこなかった。だから未来の自分は『人を大切にする自分』になろう!

 

もらとり
番長
簡単にいうと、過去のダメな自分を反面教師にするということだな!
とむ
そうそう! 『こんな過去の自分は嫌』があるから『未来の自分はこんな風になろう!』がみえてくるのよ!

 

幸いなことに、未来は過去の延長戦ではありません。

これまでの自分が、マイナスだったのであれば、これからの自分はひっくり返ってプラスになればいい。

 

捉え方によっては、ラッキーじゃないですか?(笑)

グレーな自分でいて、価値観があいまいな状態でいるよりは、黒白はっきりしているほうが、自分の価値観もはっきりしますから。

 

もらとり子
『過去の自分が嫌い』という事実にもOKだね

 

2 過去の自分の感情を清算すると、心は軽くなる

とはいっても、過去の自分を責めつづけていては苦しいままですよね。

そんな時は、過去の自分の感情を清算してみましょう。

やり方は本当にシンプルで

『本当はどうしたかったのか』

という心の真意をくみ取るだけです

もらとり
番長

 

過去の自分が原因でつらくなってしまっているときって、こんな風に考えてしまっていませんか?

  • 「どうして、あのとき嘘をついたんだよ。おかげで今私は、ずっと罪悪感を感じていないといけないんだ」
  • 「なんで、あのとき過ちを犯しだんだ。おかげで今私は、人生が楽しめていないんだ」
  • 「どうして、あのとき謝らなかったんだ。おかげで今私はずっと後ろめたいじゃないか」

 

「なんであの時の自分は〇〇なんだ」、「どうして自分は△△してしまったんだ」のように、原因論で考えてしまうと、いつまでも繰り返し同じことをグルグルと頭で考えてしまいます。

もらとり子
ウッ…身に覚えがある….

 

健全に考えるには、原因論ではなく目的論で考えることです。

「なんで?」と考えると自分を攻撃してしまいますが、「本当はどうしたいの?」と考えると自分に寄り添うことができますよ!

  • 「あの時自分は、本当は何がしたかったの?」
  • 「あの時自分は、本当はどうなったらいいと思っていたの?」
  • 「あの時自分は、どんな状態でいたいと思っていたの?」

 

もらとり
番長
これが自分の真意をくみ取るための問いかけだな!
とむ
そうそう! ちなみにボクは最近これを毎晩取り入れてるよ!

 

これが、本当にいいなと思うのは

  • 遠い過去にさかのぼることもできる
  • 近い過去にさかのぼることもできる

こと。

 

遠い過去の自分がうけいれられない人は、当時の自分の真意を…

今日1日の中で、「自分ダメだったな~」と思うことがあれば、今日の自分の真意を…

 

どんな言動にも、必ず目的はあるので、ぜひそこに注目して、自分に寄り添ってみてください!

 

3 過去の自分にずっとひきずられるのなら、過去の自分を癒す

人って学習するイキモノです。

過去に傷を負うと、その傷を避けるために行動を選択するようになります。

もし、いつまでも過去にひきずられてしまうのなら

過去の自分を癒してあげてみてください

 

過去につちかった失敗経験やトラウマなどは、再体験・再学習することで和らいでいきます。

 

4 まとめ

お伝えしたかったことは、3つです。

  1. 過去のマイナスの自分は、未来のプラスの自分を生み出す材料になるよ!
  2. 『本当はどうしたかったのか』の視点で見ると、過去の自分を肯定できるよ!
  3. 過去の自分を癒すと、過去にとらわれなくなるよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!