人を嫌う心理を正しく理解すると、どんどん自己肯定感が高まる理由

少なからず、生きていれば誰かを嫌いになることがある。

けれど、そんなときこそ

  1. 赦してやること
  2. (可能であれば)好きになってやること

が、自分を大切にする手がかりなのだ、と最近私は感じる。

 

私はかつて、特定の人というより、人と関わること自体に辟易し、「誰とも関わりをもちたくない」と一人を好んだ時期があった。

しかし、その根底には「本当は人が好きだ」「本当は誰かと笑い合いたい」という、矛盾する想いが隠れていた。

 

そのときに、

  • 「嫌い」というのは、本当は「好き」なのだ。
  • ただ傷つくことを恐れ、感情をひっくり返しにせざるを得なかったのだ

ということを学んだ。

私たちは、理由もなく誰かを嫌うということはなく、必ず「傷ついた経験」「勇気くじかれた経験」のトリガーを持つ。

 

先日、BOOKOFFで手に取った本から、「人を嫌うこと」に付随して、さらなる気づきを得たので、ここで共有したいと思う。

端的に言うと、人を嫌いになる心理をしっかり理解すれば、自分を赦し、自分をもっと好きになることができる。

 

 

1 人を嫌いになる心理の意味

人を嫌うとき、同時に自分も嫌っている。

人は人を嫌うことを通して、盲目的に自己否定をしている。

 

人を嫌いになったときは、ものすごく不快な気持ちになる。

嫌いな人と顔を合わすことだけで、気分が下がるし、中にはぶん殴りたくなるという人もいるだろう。

 

私自身、その不快感の正体は、「嫌いな人に反発した心が暴れているからだ」と思っていた。

けれど、実際は違うことに気づいた。

 

人を嫌うことで、心が不快感を覚えるのは、

人を嫌うのと同時に、「自分を嫌い、それにより自分の心が傷ついているから」なのだ。

 

人を嫌うとき、そこには必ず『嫌いになる要素』がある。

  • 礼儀がない
  • 時間にルーズ
  • 仕事ができない
  • 自分勝手
  • 品のない言動をする

 

私たちは、こんな要素を「自分とは無縁なものだ」と考える。

けれども、これらに怒りを覚えるならば、実は無縁とは言い切れない。

 

  • 嫌いになるとは、「赦せない」ということであり、
  • 「赦せない」のは、他人だけではなく自分に対してもあてはまるから。
  • つまり、人を嫌うことを通じて、「そんな自分が存在することを否定している」

からだ。

 

もらとり
番長
いやいやちょっと待て!今自分ができているから、それができない人を嫌うのだよ。だから今の俺は関係ないはずだ

 

このように思うかもしれないが、実際は

  • 条件付きで(たまたま上手くいっている)自分を赦しているだけで、
  • 潜伏している(できないときの)自分は否定している

のだ。

 

無条件に自分を赦せる状態を『愛のある状態』とするならば、条件付きで赦す自分は『愛から離れている』といえる。

つまり、「人を嫌えば嫌うほど、自分も嫌いになる」というジレンマ(?)を私たち人間は抱えている。

 

1つ例をあげてみよう。

職場に、思いやりのない女がいるとする。

挨拶をしても返ってくることはなく、言葉遣いも乱暴、態度も横柄で、見下した態度で接してくる。

 

「思いやりは持つべきだ」と観念を持つ人は、

  • 「なんて横柄な人なんでしょう!」
  • 「あんな思いやりのない人、見てるだけでムカツク!」

と彼女を見るなり、赦せなくなって嫌いになる。

 

このとき、

  • 「私は絶対に思いやりを大事にする」

と表層意識では考えているけれど、潜在意識では

  • 「思いやりのない自分なんてダメだ」

と自分を縛りつけているのだ。

 

ただ、これを逆手にとれば、実は自分を簡単に好きになることだってできる。

このブログでは、過去の傷を癒すこと、自己受容の方法なども書いてきたけれど、違う切り口として有効かもしれない。

 

2 人を嫌いになる心理を利用して自分を赦す

人を嫌えば嫌うほど、自分も嫌いになる。

人を赦せば赦すほど、自分も赦せる。

 

「人を嫌えば嫌うほど、自分も嫌いになる」のだから、反対のことをすれば逆の効果がある。

つまり、人を赦せば赦すほど、自分を「縛り」から解放することができるし、人を好きになってしまえば、その分自分も好きになるということだ。

 

考えてみれば、納得のいくことが多い。

自分のことが好きな人間、いわゆる自己肯定感の高い人間ほど、人に寛容であり、人が好きである。

 

「自分のことが好きだから、人のことが好きになれる….」と一般的には考えられがちだけれど、もしかしたら逆なのかもしれない。

人を赦そうとしているから、自分も赦せるのだし、人を好きになる努力をしているからこそ、自分を好きでいられる。

 

先ほどの思いやりのない女の例で考えてみる。

挨拶をしても返ってくることはなく、言葉遣いも乱暴、態度も横柄で、見下した態度で接してくる。

 

乱暴な言葉遣いをされたとしても、

  • 「乱暴な言葉だな….,、まあけれどそれでもいっか!」

と赦してみる。

 

すると、反発して怒り狂っていたときよりも、不快感を感じない事に気づけるだろう。

感覚に敏感な人は、自分の中の何かが解けるのを感じられるはずだ。

 

最初は赦すことに抵抗を感じるかもしれない。

自分の正義が強ければ強いほど、なおさらのことだ。

 

けれど、心配には及ばない。

自分が赦せない相手を赦しても、自分の正義が失われることは、決してない。

否定感を緩めることと、自分の大切にしたい価値を持ち続けることは別物だからだ。

 

だから、ぜひ嫌いな相手を前にしたら、それをチャンスだと捉えて、何かを赦してあげてみてほしい。

そうすれば、凝り固まった正義ではなく、柔軟で愛のある正義が持てるようになるだろうから。

 

3 人を嫌いになる心理を利用して自分を好きになる

人を好きになればなるほど、自分も好きになる。

嫌いな人に歩み寄るには、傷つく覚悟がいる。

 

嫌いな人を赦せば自分も赦せるように、嫌いな人を好きになれば自分も好きになることができる。

だが、そこには1枚の壁がある。

 

冒頭で、「人が嫌い」の心理の裏には、もともとは「人が好き」な心理があったと言った。

それが傷つけられたり、勇気くじかれたことがきっかけで、「嫌い」を選択しただけだと。

 

1枚の壁というのは、好きになるには、自分から再び、歩み寄ることが必要だということ。

つまり『再び傷つくかもしれない覚悟がいる』ということだ。

 

けど、これは誰しもが既に経験していることだと私は思う。

喧嘩した後の仲直りなんてまさにそうではないだろうか。

 

  1. 好きな人と些細なことで喧嘩する
  2. 傷ついて「どうして分かってくれないの」と嫌いになる
  3. けれど勇気を持って歩み寄ってみる
  4. 仲直りして、より一層好きになる

 

仲直りした後、心が充足するのは、「関係性を取り繕えた」だけでなく、「相手を赦したことで、自分をより一層好きになれたから」だ。

 

そんな成功体験を既に私たちは持っている。

そう考えれば、機を見て嫌いな人にも歩み寄れそうな気がしてこないだろうか。

 

勇気を持って、歩み寄り相手を好きになれば、自分の中で何かが確実に変わる。

人を嫌いになること(=自分を嫌いでいること)のしがらみを解きほぐして、柔軟な正義を持ちたいものだ。

 

4 まとめ

ここでお伝えしたかったことは、以下の3つ。

  1. 人を嫌うとき、同時に自分も嫌っている。人は人を嫌うことを通して、盲目的に自己否定をしている。
  2. 人を嫌えば嫌うほど、自分も嫌いになる。人を赦せば赦すほど、自分も赦せる。
  3. 人を好きになるには、再び傷つくかもしれない覚悟と勇気がいる。けれど、そこに歩み寄れば何かが変わる。

 

ぜひ日常で体感してみて!

ではっ!

2019.7.29 旅の動画更新!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です