プロフィール

こんにちは。運営者のとむです。

ご覧いただきありがとうございます!

 

ボクの夢は、愛であふれる世界を見ること

世界中をグルグル回りながら、人の心に寄り添い、人の可能性を信じて、夢に生きる勇気づけをすること。

 

オープンテラスのカフェで、焼かれたトーストを食べている。

真っ白の皿の上には2つのホットサンドイッチ。とろけるチーズとはみ出すレタス。

そこに、熱く注がれたブラックコーヒーが運ばれてくる。

 

10分、15分経つと、クライアントとのセッションの時間になる。

カウンセリングをするか、コーチングをするかは、クライアントの相談内容次第。

 

ボクは、人の可能性を拡げる世界一周コーチカウンセラーだ。

 

クライアントが電話越しに、アハ体験をして、自分の可能性に気づいたことが分かる。

クライアントの夢の中に一緒に入り浸って、一緒に幸せな気持ちを味わう。

 

これが、何よりも最高な1日の始まり。

満たされた気持ちで、1時間のセッションを終えて、改めて今日の予定を確認する。

 

今日の依頼人は合計3人。次のセッションは午後1時。

それまでの時間は、ヨーロッパの街並みを散策することにする。

 

途中、広場で腰を下ろしてそこで路上カウンセリングをする。

現住人なのか旅人なのか分からない風貌の男が、ボクの目の前に腰を下ろす。

 

「彼女に振られたんだ…..。」

そんな悩みを聞いている。

 

日本に帰るころには、自分が電話越しにカウンセリング&コーチングした人とのオフ会をする。

掘りごたつ式の小さな居酒屋。

 

みんなそれぞれが夢に向かって突き進んでいる様が思い浮かぶ。

人数は8人くらい。

 

全員の心が満ち溢れていて、お互いがお互いの夢を応援している。

ボクはそんな光景をみて思わず涙する。

 

次の国は、アジアにしようか。その次は南米。

色んな世界をグルグルと回りながら、いろんな人の心の悩みを解放していく。

 

これがボクの夢だ。

 

人には誰しも、無限の可能性がある。

誰しもが、自分の足で前に向かって歩む力がある

誰しもが、自分の想いを秘めていて、自己実現に生きることができる。

そして誰しもが、自分を大切に、愛に生きることのできる

 

そうボクは信じています。

 

もし自分を愛せない人がいるのだとしたら、それは過去に傷つけられてしまったから。

もし自分の可能性を信じられない人がいるのだとしたら、それは過去に勇気くじかれてしまったから。

 

世の中に解き放たれた1つの傷は、”誰か”を傷つけます。

そしてその傷は、さらに”別の誰か”を傷つけます。

 

ボクの人生のミッションは

  1. 傷ついた人の心を癒し、愛に生きることに寄り添うこと
  2. 勇気くじかれた心に勇気を与え、自己実現の背中を押すこと

 

勇気くじかれ、「自分」がまったく無かったボクでも、置いてきぼりにされていた過去の自分を受け入れて、自分の可能性を信じ夢を追いかけられるようになりました。

 

このブログには、そんなボクが過去に試行錯誤してきたことを4ステップに分けて書いています。

  1. 勇気を取り戻す
  2. 心の課題を解決する
  3. やりたいことを見つける
  4. やりたいことを実現する

 

また、本当の自分を生きるためのコーチカウンセリングも実施していきますので、本当に変わりたいと願う人は、ぜひ受けてみてください。(※準備中です!)

 

僕の生立ちもまとめましたので、興味のある方はどうぞ!

1. とにかく自分に自信が無かった虚無期
f:id:tombo10bu:20170731103134j:plain

僕はとにかく自分に自信がありませんでした。

いわゆる、“自分が無い”状態です。
自分が何が好きなのかも、何がやりたいのかも分かりませんでした。

「自分」という身体に確かに触ることができるけど、
まるで生きてる実感がなかったです。

 

それもそのはずで、厳しいテニスの環境にどっぷり浸かって生きてきた僕は、
怒られないために自分の気持ちを押し殺す生き方を選ぶしかなかったのです。

全国大会?行けましたよ。
けど、大学に入るころには生きながら死んでいる状態でした。
まさに生きる屍です。

  • 人の期待の上に生きる人生って本当に幸せなの?
  • 自分の素直な声に耳を傾けない人生本当にって幸せなの?

これが僕のルーツです。

2. 初めて自分で決断して訪れた好転期

Ball drop @Times Square in 2014

大学生になっても常に虚無感を感じていた僕でしたが、
時代の流れで英語の勉強を始めた時、
人生を好転させる出会いをしてしまいました。

 

“アメリカへの交換留学”です。

 

「何か分かんないけど……行くしかねぇ!!」

これが、僕の人生の中で、自分で下した初めての決断でした。

 

それからは、交換留学生の権利を得るために、
半年間毎日10時間以上、図書館にこもって英語の勉強をしました。
そして半年後、無事通過し、アメリカにぶっ飛びました。

 

アメリカでは、これまで日本で溜まりにたまった鬱憤を晴らすかのように、
バカみたいなことにも貪欲に挑戦していきました。

そしてその中で、
自分の本当の声に耳を傾けて生きる大切さを学んでいきました。

変わりたい!自分を変えるために外国美女183人と写真を撮った話
3. 自分の本当の弱さと向き合った迷走期

旅中に善光寺(in長野)で仲良くなったおばあちゃん達と

けど、生きる屍だった僕がアメリカに1年いっただけで、
ガランと変わったわけじゃありません。

もうね、恐怖が心にこべりついてるですよ。

自分の中で変わっている感触はあったものの、
心のどこかで、まだ”自分”を表現しきれていない違和感がありました。

ずっと恐怖に縛られて生きてきた経験が、
自分をさらけ出すことに”待った”をかけるんですよね。

 

旅や就活を通じて、
自分が自分に課してる縛りを緩めていきました。

弱みもひっくるめて丸ごと自分を受け入れるまでに
2年くらいかかりました。

随分と苦しみ、就活中も彷徨い続けましたが、おかげさまで、
自分はどんな生き方をしたくて、どこへ向かいたいのか徐々に分かるようになりました。

4. 自分の道を歩み始めた冒険期

自転車の旅(岐阜~姫路)2日半でケツ痛い(笑)

制限が外れると本当に人って変わるし、
結果的に人生もどんどん加速するんですね。

僕は、にハマって、
全国あっちこっち行ってました。ヒッチハイクだと合計220台くらい。

教員採用試験1ヶ月前に、
友達から誘いを受けて、
ヒッチハイクで日本一周の旅に出ました(笑)

はい….試験は見事に落ちました(笑)

 

それと、教育に関心を持つようになりました。
教育ってこんなにも人の人生に影響を与えちゃうんだなって。

 

だから大学卒業後は、

子供たちの幸せのために
日本変えてやるぜー!

って勢いで、Teach For Japanの6期フェローとして
福岡の中学校の英語教員として勤務しました。

 

……4カ月後、辞めました(笑)
新卒4カ月、学校の先生を辞めることにした。

 

けど、やっぱり自分がこれまで体系的に積み上げきた知識を活かして
誰かの力になりたいと思い、ブログを本格的に更新していくことにしました。

5. とむの夢と今後の目標

当面の目標は、
自分を生きること

  • ブログ
  • Youtube

を通じて、
自分と同じ葛藤を抱えている人、
悩みを解決できるような情報を発信していけたらと思ってます。

 

もう少し先の未来の目標をいうと、
やっぱり教育の世界に戻りたいです。

時代錯誤の軍隊教育の上に、
子供が犠牲になるのはどう考えてもおかしいですから。

今関心がある教育が、サドベリースクールの教育

サドベリースクールは、
子供が主体で自由な教育ですが、
これが日本に広がれば日本の教育は変わっていくと信じてます。

6. ブログを通じて読者の方に伝えたいこと

過去や今、

  • 恵まれなかった
  • 辛い経験をした
  • 惨めだった
  • 苦労した

という経験をされていたとしても、
この”自分の痛み”を力強く進むエネルギーに変えていきませんか?

 

自分の痛みは、“誇りに思うべきこと“だと思います。

平坦な人生を送ってきた人は、
土壇場で頑張る理由が無いから。

 

一度きりしかない人生、振り返った時に、
最高に幸せで、最高にワクワクしていた、と言えるように、
少しずつでも前に進んでいきましょう!

そんなお力添えができるような記事をたくさん書いていくので、
“もらとりずむ”を今後ともよろしくお願いします!