人生を変えるには、努力より勇気が必要?誰でも簡単な3つのステップとは?

もらとりペンギン
とむさん、ボク人生を変えたいんだけど、そのためにどうしたらいいのかな?

 

努力したら報われるって体育会系の人なら何回も聞いたことがある言葉ですよね。コツコツと地味なことを積み重ねて、着実に力をつけていって、ゴールに到達する。

ただ、努力だけでは人生を大きく動かすには不十分です。そして、人生を変えるには、ほんのちょっぴしの勇気が必要です。

もらとりマザー
あら?それはどういうことかしら?努力することは素晴らしいことだと思うんだけど。

 

これは努力が不要という話でも、勇気の方が勝っているという話でもありません。結論から言うと、成功するためには努力も必要です。

しかし、人生を根元からガランと変えるためには、勇気が必要ということです。

もらとりペンギン
これまで努力が大事だと思ってきたから、興味深いぴゅい。

 

 

1 人生を変えるために努力はいらない?

f:id:tombo10bu:20180609195212j:plain

最初に、人生を変えるためには、なぜ努力よりも勇気が必要なのか見ていきましょう。

 

そもそも、努力というのは、前に進む力のことです。パドルを力強く漕いで、前に前に前進していく。

別の言葉に言い換えると、ある方向に向かって積み上げる行為のことを私たちは努力と言います。

これは、努力の性質です。何かの目的を達成するためには、努力する道は避けては通れません。

堀江貴文氏も、成功していない人に対して、「圧倒的に努力が足りていない」と言っています。結果を得るためには、努力は必要です。

もらとりマザー
ちょっととむさん、あなたさっき人生を変えるためには努力よりも勇気って言ってたわよね?話を聞いている限りじゃ、努力が人生を変える鍵を握っているように感じるわ。

 

人生を変えるために、努力は不要というわけではありません。ただ、努力だけでは、“変えること”はできないのです。

 

2 人生を変えるために、なぜ勇気が必要か?

次に、勇気とは進む方角を変える力のことです。

自分のまだ行ったことのない世界や、経験がしたことが無いような、新しい世界に飛び込むことです。

当然、まだ自分が経験したことが無いものには、恐怖を感じます。しかし、その恐怖を乗り越えると、今の自分にないものを得ることができます。

もらとりマザー
なるほど。努力が前に進む力で、勇気は新しい環境に飛び込む力ということね。
もらとりペンギン
とすると、何で勇気が人生を変えるの?

 

例えば、会社で働いている人が、今の仕事が嫌で、人生変えたがっているとします。

しかし、多くの人は会社を辞めません。辞める勇気がないからです。辞めることで、収入源がなくなることや、その先に待ち受ける見えない恐怖を受け入れなければいけません。

結果的に、その恐怖を受け入れることができずに、今の仕事を嫌々続けることになります。

 

これは“現状維持バイアス”です。

人生を変えることにかかるコスト(恐怖を乗り越える勇気)と、仕事を嫌々続けることを天秤にかけた時に、今の仕事を選んでしまうのです。

もらとりマザー
良く分かったわ。”今”を捨てる勇気のようなものね。確かに今を捨てないと、新しい人生は手に入らないわ。

 

身近な例だと、告白なんかがそうです。

好きな相手に告白をすることは、とにかく勇気がいります。しかし、思い切って告白して、相手を付き合うことが出来れば生活スタイルは一変しますよね。

他にも、ヒッチハイクを思い切ってしてみたり、Youtuberになるために思い切って動画を投稿してみたり、それだけでも人生は大きく変わっていきます。

もらとりペンギン
なるほど…勇気が人生を変えるという理由が分かっきたぴゅい…!

 

今まで全く勇気を出すことをしてこなかった人ほど、ほんの少し勇気を出せば、人生がめちゃくちゃ動いていくことを体感すると思います。

本当に、人生がめちゃくちゃ動きます。逆に、このまま勇気を出さなければ、ずっと現状維持のままです。

 

3 人生を変えるために勇気を出す方法とは?

もらとりマザー
とむさん、私勇気を出す方法も知りたいわ。クチバシが素敵な男性と出会って……ああ♡

では、勇気を出すために、効果的なアクションを紹介していきます。

………..と言いたいの所ですが、実は「勇気を出す」行動は中長期的に見た時に得策ではないように僕は思います。

勇気を出すことは、行動のコストが高いので。

 

なので、ここでは考えを変えて、「勇気出す」方法ではなく「恐怖を減らす」方法をまとめようと思います。

これは心理学でいう、手放しのアプローチです。

もらとりペンギン
恐怖を減らすことで、結果的に勇気を出すのと同じように行動ができるようになるということだね。教えてくれぴゅい!

 


①本当の気持ちと足かせになっている恐怖を見つめる

本当は、何かに挑戦したいと思っているんだけど、結局行動に移せず、今を維持することを選んでしまうとき、人は自分の本当の気持ちや恐怖を見ようとしていません。

そもそも、「人生を変えたいと思っている自分」を受け入れることへの恐怖を人は無意識に感じているのです。なぜならば、「人生を変えたい」と思っている自分をもし自覚してしまったら、人生を変えるために、今を捨てる勇気を持たないといけないし、まさに今こうしてやろうとしているように、恐怖に打ち勝っていかないといけないからです。

言い方を変えると、本当は分かっているけど、分からないフリをしているし、分かろうとしていないのが、人が習慣として持つ心の癖です。

だからまずは、そんな自分を自覚するところから始めないといけません。

 

コツは、以下の通りです。

  1. とにかく素直になること→これがないと始まりません。
  2. 紙に書きながらやることこ→メタ認知が働きやすくなります。
  3. 誰かに手伝ってもらいながらやること→矛盾をついてもらえるので、早く本当の気持ちに辿り着けます。

 

本当の自分を自覚しようとしない背景には、自分が直視したくないコンプレックスが隠れている場合もあります。

しかし、もし今の自分の人生を変えたいと願うのであれば、①どんな方向に変えていきたいのか②そのためにどんなことが恐怖として足かせになっているのかを見つけていく必要があります。

 

もらとりペンギン
なるほどなあ。実は……恥ずかしいから言ってこなかったんだけど、……ボクは……、Youtuberをやってみたいんだぴゅい。けど、もしやるなら黒歴史になるかもしれないし、今の生活が崩れちゃうかもしれないから、怖いんだぴゅい。
もらとりマザー
自分が本当は何がしたいのか。どんな人生を送りたいかということをハッキリと認めないと、次の段階に進めないのね。

 


②恐怖を受け入れる

自分の本当の気持ちを認識できたら、次のステージに進みます。

恐怖を手放すための第2ステップは、その恐怖を受け入れることです。

人は、自分の状態を自分で自覚し、その状態を受け入れることが出来たとき、その時に感じていた恐怖を手放し始めます。

よく、人前で話すと緊張してしまう人が、自分が緊張していることを認めた瞬間に落ち着けるなんて話を聞きますが、それと同じ原理です。あれは、自分の状態を認めたことで、緊張の手放しが始まったからです。

もらとりペンギン
質問だぴゅい!受け入れるってどうやってやるんだぴゅい?感覚的な言葉だから難しいぴゅい。

 

もらとりペンギン君は、さっきの時点で既に半分自分を受け入れることができています。

なるほどなあ。実は……恥ずかしいから言ってこなかったんだけど、……ボクは……、Youtuberをやってみたいんだぴゅい。けど、もしやるなら黒歴史になるかもしれないし、今の生活が崩れちゃうかもしれないから、怖いんだぴゅい。

人は、自分の恐怖を受け入れることができたとき、初めて言葉として表現することが出来ます。

だから、自分が本当はどんなことがしたくて、何に怖いと感じているのか、ハッキリと言葉に表すことが出来たとき、半分受け入れることができています。

もらとりペンギン
そうなのかぴゅい。じゃあもう半分はどうしたら受け入れられるぴゅい?

 

その怖いという感情を、感覚として心でリアルに感じることです。

心が震えている状態、恐怖が胸に刺さるような痛み、その感覚をリアルに知覚して、「ああ、私怖がってるんだ。」と感じることです。

言葉にした後、その痛みを身体で感じ取ることが出来た時、受け入れることが出来たと言えます。

もらとりマザー
面白いわ。この”手放し”は、釈迦の教えや、ヴィパッサナー瞑想に通ずるところがあるわね。瞑想をしながらだと、感情をより知覚しやすいのかもしれないわ。

 

もらとりマザーの言うとおり、瞑想をしながらやると、恐怖を感覚として知覚しやすいと思います。

僕自身も、恐怖を受け入れる時はいつも呼吸に集中しながらやっています。

 


③恐怖に感謝する

最後の段階です。ここまでくれば、もう後はそれほど難しくありません。

お疲れさまでした。

もらとりペンギン
やっと最後かぴゅい!ここまで来るのが凄く大変だったぴゅい。

 

最後にするのは、受け入れた恐怖に感謝することです。

不思議なことに、自分の中に受け入れた恐怖を、抱きしめると、その恐怖は自分の手元から離れていきます。逆に、恐怖を離そう離そうとすればするほど、恐怖は大きくなっていくことが事実です。

恐怖に感謝するというのは、恐怖に対し「ありがとう。」と愛情をもって心から感謝することです。

お化けザウルス(3ちゃい)

もし、実態のないものに感謝できない人は、恐怖を擬人化するのもおすすめです。こうすると、何か愛着わいてくるでしょう。

もらとりマザー
けど、とむさん。恐怖に感謝することなんて出来ないわよ。だって、この恐怖が原因で私は人生を変えられないのよ?この恐怖のせいで、私はさんざん苦しめられているのよ?どうやって感謝しろっていうのよ。

 

確かに、恐怖に感謝するなんて、普通に生活していて生まれる発想じゃありませんよね。

しかし、恐怖も自分の大切な一部分です。そして、現実として恐怖のおかげで今の自分がありますし、恐怖のおかげで、これまで自分は守られてきた側面もあるのです。

そう考えると、感謝することもできそうですよね?

 

ただ口だけ「ありがとう。」っていうだけじゃダメですよ?

心から愛を持って、ありがとうと感謝してみてください。そうすれば、心から恐怖が離れて、フワッと軽くなることを経験すると思います。

 

4 人生を変えるには勇気、結果を出すには努力

もらとりペンギン
ここまでの内容、大分理解できたぴゅい。けど、とむさん、ボクは人生を変えたいんだけど、それは同時にその道での成功したいっていう意味だぴゅい。

ここまでを簡単に振り返ると、

努力→前に進む、積み上げる力

勇気→方向転換する力(挑戦)

でしたね。

 

では、自分のやりたいことをして、結果を出すためにはどうすればいいでしょう。

もらとりマザー
それは、ずばり勇気を出して自分のやりたいことに挑戦して、その道でコツコツ努力していくことかしら?

 

その通りです!

 

勇気を出して思い切って挑戦するだけでも、やりたくないことに努力しているだけでも、自分の可能性を最大限に発揮した人生を送ることはできません。

思い切って挑戦する勇気に、その道で積み上げる努力が重なって、初めて自分の可能性をフルに発揮できるのです。

 

5 まとめ

もらとりマザー
とむさん、今日も色々学ばせてもらったわ。これで私もクチバシ王子を見つけるためにやるべきことが分かったわ。
もらとりペンギン
今日のポイントは次の通りだね!
  • 努力は、前に進む、積み上げる力のこと
  • 勇気は、方向転換する力、新しい環境に飛びむ力
  • 努力だけでは、人生は変わらないし、勇気だけでも望む結果は得られない。
  • 思い切って勇気を出すというよりも、恐怖を手放した方が、中長期的戦略として有効。
  • 恐怖の手放し方は、①見つけて②受け入れて③感謝する、の3ステップ

 

もらとりマザー
よくまとまってるじゃない。さあて、じゃあ私は早速勇気を出して合コンに行ってくるわ♡
もらとりペンギン
・・・。

2 件のコメント

  • Twitterから来ました!素晴らしい記事をありがとうございます。
    『勇気』
    大切にしていきます!

  • おーみんさん、twitterからわざわざありがとうございます。
    僕もまだまだ挑戦者の身ですが、おーみんさんにとって何かしらのきっかけになれば幸いです。
    これからもよろしくお願いします^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    孤独が大好きで、24時間内省している人間。 「自分」を大切に生きることについて模索し、「自分」を生きることに全うしている1人の挑戦者です。 日々の学びが、誰かのためになればと思ってブログ書いています!